地球で生きる知恵

未熟な時代の過去の自分の人生を後悔しても始まらない。
過去は、悔い改める「教訓」にするべきであり、成長する事。
自分を責める人間は、他人も責めるという比例の法則がある。

過去記事を見る >