黄金の国(ジパング)になるのか?アセンション!!

黄金の国(ジパング)になるのか?アセンション!!

地球という惑星は次元上昇しています。その上に人間が住んでいます。
天と地が繋がる人が増えると人類のアセンションは成功するのだろう。

それには、太陽のような生き方をしている存在になっていきましょう。
そんな願いを実現するために、自由が丘ロータスカリックスに太陽のリースをかけました。

黄金の国(ジパング)ってどういう状況であるのかというと

zipangu-ascension-01

イエス・キリストの存在は、世界に多大な影響があります。「イエス・キリストが聖母マリアに抱かれている」置き物を今日、みつけたのが私の奇跡です。。
聖母マリアの頭の付近がこのように光っています。地球物語には欠かせない「イエス・キリスト」この存在と聖書が、地球という惑星に何をおろしたのか!?

「愛と赦し」

人類は何故、人をうらみ、嫉妬して、許せないのか?
愛を語れる人間などはいない、愛は誰かを許せない人には語れない・・。地球の学びは、「愛と赦し」
これが世界で起きたらアセンション派が格段と増えるのに、人間にカルマがあるので「愛と赦し」になかなかいきつかない、そうこうしていたら次元上昇加速中です。

地球には今のところ重力があり、二本足で大地を踏んで歩きます。よって、肉体の健全さが必要です。「歩く」ことは実は「あたり前」ではないと感じます。
二本足で歩くので骨があり筋肉がありリンパがあります。歩くために、心臓があり、血流があり、「歩きたい」「歩きたくない」という神経回路があります。

神経回路は人生を回路どうりに決定づけています。ハイヤーセルフと繋がっている回路か、エゴセルフだらけの自我の神経回路なのか?!

アセンションをするためには、意識が改革されて(=目覚めていて)、地に足ついて「生きている!」ことが必要です。

黄金の国になるというビジョンは、その時、地球にいる人間が、天地人、覚醒体、地球の高次元の存在になっているからこそ起きる豊かな実現図であります。
それは、決して「人口知能」では起きない、人間が奴隷化される「人口知能」の先には、黄金のジパングはなくて、地球が愛の星となる計画が変更となって、
地球が無機質な惑星になる、それはそれを望む「人口知能」系が多いとそうなるし、魂を磨きながら覚醒していく人間の面白さを追求する意識体、生命体が
多いと、地球は高次元の惑星入りするでしょう。ほぼなっている箇所もあるのですが、なっていない箇所は人間が苦しんでいる2・5次元以下であります・・。

その詰まった次元を上げるのは、音、言霊、波動です。それによって、意識が改革して、心身が地球の次元上昇に耐えうる肉体となっていくのが流れです。(真実)

シルバーあさみの心眼コメント

人には魂レベルによって、個性的な各魂のアカシックレコードに刻まれた役割があります。地球上で自己の役割を私はミッション(=使命)と表現しています。
アセンションがあるからこそ、使命がある訳です。ではご自身の使命を無視する人たちは、地球上では、アセンションができないこととなります。
私が、ミッション、ミッションと発信しているのは、私が地球のお仕事をしているので、幸福になったり、ミッションを実現できる人たちが増えてきた事実、
それは1人の決断から起きました。「あなたから、又次の目覚め」も起きますよ。あなたから気づきが連鎖しますよ。そんなことを考える節分にしましょう。