耐え忍ぶ時期も必要だと思う仕事とは?

耐え忍ぶ時期も必要だと思う仕事とは?

おはようございます。こんにちわ。仕事していますか?これから仕事しますか?元気ですか?悩んでいても霧はいずれ晴れます。ただし教訓しないとなりません。「シルバーあさみの公式ブログ」は意識をあげるために書いていますので、時にはちょっと痛い、自分はできにくいと感じることもあるでしょうけれど、読み続けていると意識があがります。魂が磨かれ始めます。危機的な状況が起きる前に土台を整えておきましょう。また誰かに何かを与える作業も必要です。誰かを元気にさせたり感謝を表現したりしている人の方が衣食住が安定しています。まだ会ったことがない方々が、「シルバーあさみのセレクション」でエンジェルや和食器をご購入するための注文の備考欄に「本当に本当に本当に毎日ブログありがとうございます。本当に救われています。母親が大嫌いです。許せません、だけどちょっとだけ許してみます。本当にありがとうございます。つらかった仕事をすることの感覚も変化しました。ありがとうございます・本当に・・」と書いてありこちらも仕事の励みになります。このような備考欄が多々ございます・・感謝。男性々からのご注文も多いです。皆で「頑張ろう!」耐え忍ぶ時期も人間には必要であると思う・・。

~「仕事して生きて」働くこと~

●日本の伝統技の職業)
見る眼、使用する人達が欧米化したので衰退しました。着物、陶磁器、畳、竹、炭などは一時期大変な衰退時期があり、現在日本のカルチャー(文化)が海外の方々から評価されることによって耐え忍ぶ時期を乗り越えた人達が復活してきています。「日本人は日本文化をもっと知るといいですね。」と海外の方々も感じる有名なことですね。私は日本文化をこよなく愛していまして、実際に茶道界にいたこと、陶磁器会社を経営していたことから、日本の職人さんの技術の継承をコンセプトにセレクトショップの商品を選んでいます。1つ1つに丁寧に取り組んでいます。着物も自分で着れない、高価、着ていく場所がない、などから老舗がぞくぞく退店しましたが、昨今、洋服とのアレンジ、着付け教室の復活、着物イベントなどで復活してきています。すると足袋や、帯締めなどの付属品、扇子など技術職の職人さんが息を吹き返します。吹き返すと継続することが可能であります。畳も取り扱っているのはそのためです。アセンションバッグやピュアバッグの職人さんもアパレル業界の90%以上が中国産となり60代、70代の凄腕の日本の職人さんの継承のためにも企画販売をしています。ご購入の人、使用する人がいて文化は復活していきます。この萌黄好日湯のみの緑部分は「吹き付け」という技法で岐阜県でも職人さんがほぼいないそうです。私はこれはいかん!なんとかせねばとセレクトしました。名前もいいですね。「是好日」(毎日がすばらしい日)です。ぜひご購入ください。生活が豊かになります。(庭師さん、ふすま職人、塗師、大工さん、伝統技の職人さん、書ききれません)

●自然食の職業))
昨今のオーガニックブームで(ほんまもののオーガニックでないものも多いが)、無添加の食材が息を吹き返しました。数年前は、オーガニック派といいながら「高いんですよね」という変なことをいう女性たちを癒しフェアなどで拝見して疑問を感じました。知識がないかもしれません。そもそも一部上場企業が資本金があるのに化学合成物質、添加物入り食品をを長年生産するのはコスト削減であり人体を無視した商法でもある場合があり、賞味期限の長さだったりスーパーやコンビニで格安で流通させられるからでしょう。無添加、無農薬は手間かかり長期間を経て一部の目利きの中小企業の店舗にわずかにいきわたるぐらいであります。よって高いのではなく、通常価格です。ほんまもののオーガニック派になるならぜひ理解しましょう。オーガニックショップも短期間店舗をもったことがあります。その時に研究したのですがオーガニック畑の土壌は2年間は許可がおりなかったり、とても手間暇かかります。この自然食の農地や作り手は相当な覚悟で臨んでいる訳でして、途中でくじけてしまいそうになるご相談も多々個人セッションでも幾度か聞いてきました。耐え忍ぶ時期を乗り越えた人達がついに自然食、無農薬を求める人達の数々が増えたことによって徐々に結果がでだしています。当店の塩、黒糖、いちご酵素、キレイ力、地球の記憶なども耐え忍ぶ時期があったと聞いています。弊社のセレクトを求める、人は、自他ともに目利きなのでご購入が多く大変に安定してきています。有難うございます。一部上場企業が「オーガニックもどき」のCMを始める(毒々しいのよりはいいけれど)ことでオーガニック市場の伸び率がわかります。引き続きご利用くださいませ。(竹布、無添加洗剤しかりです)

●東洋系や真実の職業))
ヨガ、霊氣、植物オイルなど薬推進派に迫害されてきた歴史があり、耐え忍ぶ時期がありました。 魂が磨かれて覚醒すると自然、回帰作業、ありのままの体になろうとします。音、高次元、波長、波動など人類の唯一の道に必要です。「わかる人だけでいい」と考える悟り者の指導者も多いので緩やかな広がりでした。問題は、スピ系、ヒーリング系と薬推進派に勝手にくくられること、社会で機能しない変なやり方(真実ではない方法)をしてい人も多かった2005年~2012年の悪影響もあり、病人が増え続ける前には圧倒的な広がりとならなかったことは残念でした。しかし、長年事業を継続してきた人達、先駆的な方々、海外でありのままに生きる身体をもとめる人達(日本は遅れている)から
安定した必要性が見なおされています。これはすべての種目がギリギリではありますが一定の効果はなしてきました。弊社も「音」「覚醒」「右脳と左脳」など統合した波動推進プロジェクトを2017年ラストチャンス的に共感者と急ぎ丁寧に取り組んでいます。体には7つのチャクラがあり、いずれトーラス体になる方々がアセンションが可能です。この話はまた書きます。

●耐え忍ぶ時期の職業))
●フリースク^ルは認可問題で勝手なことをいわれてきました。森友学園問題で「認可」にこだわらなくてもいいと宇宙は一般人に教えてくれました。これは宜しかったです。●日の目をみない職業についている人達は継続しかありません。真面目であればきっと太陽があたります。●ボランティア活動、NPO活動は生活が成立しにくく、なかなか大変でありましたね。こちらも生活苦の子供たちや繁華街みまわり隊など税金をこういうところに使用してほしいものです。●介護職の自給の低さ、税金をこういうところに使用してほしいものです。●山や海のゴミ拾い団体など書ききれませんが職業になりにくく継続がしにくいご相談も多数受けてきました。●本当はこういう有志の活動をドキュメンタリー番組で流すなどすると日本も明るくなったことでしょう。3次元地球から今日まで取り組んできた方々に心から敬意を称します。

シルバーあさみの心眼コメント

誰かの役にたつ、誰かの役に立つとも思わずに役に立っている場合もあることでしょう。人間は生きていくと時代の波、耐え忍ぶ時期もあることでしょう。その時に「なぜやるのか」を問いただしてください。自分のためよりも誰かのための%が多い方が報われるのは宇宙の法則です。犠牲もよくありません。この世界は互いに支え合っています。新たな次元の展開がありますので、耐え忍ぶ時期もおわりをつげます。もう一息がんばりましょう。(精進しましょう)