アメリカ大統領選挙を心眼で見ると、日本が最大の機会だとわかる!

アメリカ大統領選挙を心眼で見ると、日本が最大の機会だとわかる!

アメリカの大統領選挙が本日行われます。
世界中でニュースが流れることでしょう。

TV画面から流れる公の情報からではない眼力の、
「心眼」で見るとどう見えるのか書いてみます。

アメリカ大統領選挙を心眼で見ると、何が発見できるのかというと?

us-presidential-election-minds-eye-01

アメリカを尊重した上で、ズバッと語ると、「歴史のツケ」
●宗教格差
●民族差別
●肌の色の違いの差別

次に、1%のエリート富裕層のカルマ的なエゴのつけが強硬に働いています。

上記を短くしか書けない闇があることによって、以下が社会問題になっています。

●浮浪者が増加
●普通に生きていても働けない人が増加
●自殺願望前の精神安定剤使用者の増加
●麻薬などのドラックの服用者の増加と犯罪
●銃社会の規制があいまい、警察への不信感

次に、1%のカルマ的な富裕層が利権を増やすために、営利的な考えで、

●医薬品問題
●農薬問題
●石油問題
●環境問題
●戦争、テロ誘発

が起きていて、その因果応報は、1万年かけても晴れないことでしょう。

「世界で一番優位にたとうとする考え方」!
それが、国内、国外、破たんを広げています。
「優位」は「劣位」をうんでしまいます。

アメリカの選挙にいく方々も、「アメリカNO.1」という考え方から、この混乱の機会こそ、
世界の中に「アメリカ」がある。という考え方の人達が増えないと、チャンスを失います。

アメリカが天国だったときに、上記をみのがした漬けは国民に危機感をつのらせています。
私は、「平和ボケ日本」が年内終わりをつげ、「日本」とアメリカの関係を改善すること、
「日本が自立する最大の機会である」と、完全に目覚めることが必要だと感じています。

あなたはどう捉えましたか?

シルバーあさみの心眼コメント

日本とアメリカの「日米同盟」とは、国内の最大課題です。
本日の選挙結果によって、日本への影響は多大であります。

もちろん、だからこそ各ニュースで連日報道されていますが、
この結果は、「日本の自立」の最大の機会だと捉える人たちは、「心眼力」があります。
他国の事象により「日本」が危機になる癒着と依存をやめる最大の改革決断の機会です。

世界で戦争がおわっていく機会になるかもしれません。これは本当にすごい1日ですね。