アメリカの大統領選から見える現象と、その後の日本への影響とは?

アメリカの大統領選から見える現象と、その後の日本への影響とは?

世界を動かす米国ではトランプ氏かヒラリー・クリントン氏がなるのか?
大どん伝返しがあるのか?注目のアメリカ大統領選挙がもうマジカです。

今日は、心眼コメンテーター・シルバーあさみが、
違う視点からズバッと社会事象を切っていきます。

アメリカの大統領選から見える現象と、その後の日本への影響とは?

us-presidential-election-impact-01

日本におけるTV画面からだけ見える風景と現場はちがうこともあるようです。
ただし、アメリカ国民もたたずをのんで見守り参加し、よき方向へいくように
自己の価値観を発言して、議論をたたかわせている模様です。この結果により、
失望と怒りと興奮が渦をまいて、光と闇の2極に別れることは間違いがないことです。

アメリカの大統領戦後に、日本への影響は多大に有り、淘汰は起きるとみられます。
グロ^バル、外資、アメリカ依存の企業は、改革を急がねば荒波にのみこまれてしまいます。

日本も戦後~近代まで、アメリカ追随型の文化やビジネスが脚光をあびました。

便利になったもの、教わったことも多多あります。日米文化交流もありました。
とてもよかったこと、日本の良さが失われた大事なことがらも多々ありました。

日本にとりましても、今一度、自国の「自立」を考える時なのかもしれません。

シルバーあさみの心眼コメント

大どん伝返し、オバマ大統領がどう動くかでしょう。
アメリカの貧富の差は、差別感からうまれているとしたら、
世界全体で真剣にとらえて自国の安定を急ぎたいものです。

大きな国のことのようであり、1人の人間の人生の捉え方の改革でしかないということ。