東京都に電柱がなくなる日・・子供達がのびのび学べる時代へ

東京都に電柱がなくなる日・・子供達がのびのび学べる時代へ

とにかくおしゃれです、おしゃれな人は、センス(=感覚)がいい~!
東京都知事・小池百合子さんのナイスなファッションに注目しながら、
誰も解決できなかった東京都の課題をズバズバ解決していく剛腕です。

そして、私の小学校からの願望が叶った、私の啓示でも見た!
それが「電柱がなくなる」日であります。全身が共振しました。

電線の地中化で東京が電柱のない街に

tokyo-telegraph-pole-01

東京都に「電柱」がなくなる、地下に埋める方法論も経費削減で決定しているという嬉しい現象がおきました。

実は、10年前に、東京都の光景がどうなるのか、神秘体験の中で肉眼ビジョンで明確に教えてもらいました。
「電柱がない街」「広い公園や自然で子供達がのびのび自由に遊んでいる光景」がありました。

東京都は、渋谷、新宿、池袋という都市、住みたい街ランキング3位の吉祥寺、自由が丘、武蔵小杉でも
電柱がない箇所をさがすことができにくい事実があり、私達も子供のころから見慣れてしまいましたね。。

地球アセンションセミナーでは、「電柱がなくなる」という未来予知を伝えてしましたので、
この提案を聞いたときに、身震いがするほど、「凄い流れ」と嬉しく興奮しました計画です。

舛添元都知事が、東京都民が働いて納めている都民税を、プライベートに経費を使用した結果、
小池都知事になった訳ですから、本当に、よかったよかった!と思っている人も多いようです。

話は戻り、「急ぎ」「加速して」という言葉も使いながら、この計画が経費節減しながら行われることで、
夕焼け空を見上げると、電線が眼に入らない、そんな時代が、3年後にはくるという素晴らしい計画です。

○中学校、高校の学費の負担の軽減も、2017年4月から検討されています。

○保育園を民家につくるアイデアも、私もNPO時代に考えたことがあります。

時代をかえていけるスピード感もあり、スマートでもあり剛腕でもあり、課題案が楽しみな小池都知事です。
小池塾の発表があり、塾にはいろうかと思ってしまいましたが(微笑)
なんと、それも「ミッション起業塾」を発表とほぼ同日でありました。

築地市場の有明移転問題だけは、暗礁にのりあげていますが、よく透視すると、魔がはいっているのがわかります。
有明の汚染水・大問題でダメージをうける、屈することなく、次々、「電柱を東京都からなくす」と発表しました。

私は、小学校の時に、「雲がながめられる」写真を、東京都のビルと電柱の間からとって提出したことがあります。
父と母が一生懸命、手伝ってくれました。手伝ってもらうほど、当時から電柱だらけの東京都の風景でありました。
よく遊んだ港区麻布の公園で電線に足が絡まって足がない鳩をみるたびに助けられなくてとても悲しくなり遊ぶのをやめて家にとぼとぼ帰りました。
あれから、〇〇年、、東京都から電柱がなくなる日が3年後にくるなんて・・!! 子供時代~~からの夢が叶ったような共振の感動がおきています。

す・ご・い・・です!

シルバーあさみの心眼コメント

景観より防災のために「電柱をなくす」と考えている小池都知事の言い方ですが、これは結果、オーライの現象です。

「境界線」が言葉にできないぐらいゼリー状に厚く、東京都の人間が生きやすい都になるための法案は通るとみます。
瞬間的に、魔の攻撃にあっていますが、もろともしない精神力、切り返し力、肯定脳、元気力が、す・ご・い・です。

時に、うーーん、と思うこともありますが(カジノ法案など)、「結果、オーライ!」にしてくれると願う一都民です。