365日に命のありがたさがある、生きる喜びとは、命に感謝すること

365日に命のありがたさがある、生きる喜びとは、命に感謝すること

「人生が覚醒する言霊」(シルバーあさみ著)(知道出版)を自由が丘ロータスカリックスの竹のテラスで読んでいます。
これは!!「覚醒する」言霊のバイブル本であると改めて自画自賛できる本の内容であると、撮影中に共振しました。

「もっと多くの方々に知ってもらい覚醒してもらいましょう」と撮影のプロデゥーサーたちにも言ってもらいました。

365日に命のありがたさがある、生きる喜びとは、命に感謝すること

thanks-to-life-01

過去の失敗にとらわれることなかれ。
過去は教訓にすればいい。魂は進化して成長するためにある。
自分を責める人は、いつも他者を責める。誰も責められない。
気づいたら、やりなおせばそれでいい。

今日からどう生きていくのかが、大切である。
過去の勲章や後悔をいつまでも人に語ったり、悔いたりしても
自己成長にならない。懺悔心にて、身も心も痛めることがある。
過去への割り切りは悟りの一歩、自分への執着を手放すこと。
明るい笑顔で生きていこう。

どっちでもいい、どっちでも調和。
小さいことにはこだわらないこと。
気づき、目覚め、魂を磨いて、人生に悟っていくと、
「どっちでもいい」という大らかな感覚が出てくる。
どうでもいいということではない、すべては必然であるから、
どうならなくてはならないとか、こうなったらだめだという
こだわりがなくなるということ。人生が楽にすごせるだろう。

1日1日を精一杯に生きていくこと
精一杯とは、幾度も幾度も魂の体験をしながら
今という瞬間に生き抜いていく力を実感しよう。
「悔いなし」に1日をすごすことで人生が実る。

どの時間も心美しく過ごすこと
自分自身に納得の時間を過ごしているのか、
相手の人の大事な時間を尊重しているのか、
自他ともに時間に尊重心をもてるかどうか、
宇宙はあなたの意識をうつしだす。

365日に命のありがたさがある
生きる喜びとは、命に感謝すること
呼吸ができること、水がのめること、無事すごせること
悩んでも乗り越えられること、365日に命ありがとう。

シルバーあさみの心眼コメント

実は、私は、本が出版されると一度も目を通しません。そういう著者も多いかもしれません。
魂を込めて書いた言霊は、1項目を何度も声に出したり、パッと開いたページを読んでみてください。
人生が開けるような感じがすることでしょう。奥深い意味がある項目もあり、覚醒者にも必読書です。

この「人生が覚醒する言霊」の内容がわかるようになる人達が増えると、日本もあかるくなりますね。
私は、啓示で、この本が英訳されることも聞いていて、それは、2017年から起きるそうようです。
その前に、日本語で必要な人の手にわたるように、まだ読んでいないの方は、アマゾンでご購入下さいませ。

「人生が覚醒する言霊」はこちらから