宇宙は肉体をスキャナーをするように眼の前に現実と成す。

宇宙は肉体をスキャナーをするように眼の前に現実と成す。

何もかもパーフェクトでなくてもいいです。人間には(自我)エゴもあるでしょう。
ただし、宇宙が肉体をスキャナーをするように「眼の前に現実と成す」と知っておくことも必要な時期です。
このままではいけないと、「気づいた」ときから変えていけることもあるからです。気づかないと怖いです。

宇宙スキャナーが決して許さない人間の闇とは?

宇宙スキャナーが決して許さない人間の闇とは?

これは長年の研究の結果です。臨床5万人以上の結果で確かなことです。
(以下は弊社クライアントさまのことではありません)

●母子家庭の子供を「差別」した人は、その母子家庭の相手よりも生活が下がっていく「差別」の闇
●高校卒の人たちを「差別」した人は、自分の肩書をすべて失うときがくる、そして「差別」される
●小売業、小店舗、小企業を「差別」した人は、文房具も買えなくなる現状においこまれるでしょう
●子供をネチネチと苛めた人は、将来、肉体を痛めるまで子にいじめかえされることになるでしょう
●両親の身体に損害を与えた人は、借金苦になることがあるでしょう。早めに愛をお返ししましょう

●人との約束を簡単に違える人は、約束を破棄されることでしょう。
●人の好意を遮断する人は、お金がはいらないようになるでしょう。
●人が困ることを平気でする人は、自分が困ることになるでしょう。

●親切な相手に裏切りをした人は、窮地に立たされることになるでしょう。

●身体障害者の方を「差別」した人は、自分もその立場に近くなるかもしれませんね。
●発達障害者の子を「差別」した人は、自分の肉体も発達障害になるかもしれません。

●2転3転、口からでまかせをいって平易な人は、人生が転落することがあるでしょう。
●エゴ肩書、エゴ立場、驕りから、人を「差別」する人は、窮地に陥ることでしょう。

要は、愛と真逆な「差別」思考を口に平気でだす人達は「では、それをあなたも味わいなさい」と宇宙がそのまま本人にプレゼントをします。
この世界は、人種「差別」がながく続いて戦争が起きています。目覚めた人から、自身の言葉や思考を「愛と調和」に近づけていきましょう。

シルバーあさみの心眼コメント

●のどれかはほんのちょっぴり感じてしまうこともあるかもしれません。しかし普通は口に出してはいいませんよね、だから根深い闇ということです。
早い段階で完全リリースして、愛と調和に軌道修正しないとなりません。迷惑かけた相手に誠心誠意のお詫びしかないかもしれません、しかしながら、
2転3転、口からだしたことをすぐ変えて平気な人は「傲慢」ですから、3月22日迄が猶予期間の後、宇宙は本人に厳しい結論をだすことでしょう。

人生には変化があるとは思いますが、「差別」「傲慢」「驕り」に宇宙は厳しい制裁を本人の現実にスキャナーで現すことは、宇宙の倫理の法則です。