都議会「百条委員会」設置に、元石原都知事は耐えうるのか?!

都議会「百条委員会」設置に、元石原都知事は耐えうるのか?!

ついに東京都議会に「百条委員会」設置が確定しました。もう逃げられません。元石原都知事にカルマ的な嘘があるとすると、追求は厳しい委員会となり、てこでもゆづらない頑固さや人を見下す迫力だけでは、全TV画面に流れる「百条委員会」の質疑には耐えられないでしょう。元舛添都知事も「百条委員会」にかけられるぐらいなら、と、「百条委員会」設置の前に都知事をやめた訳です。逃避すると、禁固刑または罰金となります。現在は、元石原都知事は「でますよ!!」と怒っていますが、こうも頑固で自分の超自我の失敗の結果を認められないと人生が奈落の底に転落することがあるかもしれませんね。

都議会「百条委員会」設置に、元石原都知事は耐えうるのか?!

「ファクト(事実)を言ってください。」
小池東京都知事のこの言葉には痺れました~!!「豊洲移転問題」で、豊洲に汚染水が多量に発見されたことから、元石原都知事が「だからそのプロセスを言いますよ!」のコトバを受けてこの一言!!ここから火花が散り、「では、ファクトのみ百条委員会で聞きましょうか!」となりましたー。拍手大喝采です。(パチパチ)

私は「社会事象をズバッと切る!」の公式ブログが長年人気であります。それはニュースからはわからない目線を心眼で伝えることによって、顕在的な普通の見方ではわからない、
真実、事実に迫って書いてきたからだと思います。ところがそれでも書かなかった大きな社会事象「築地→豊洲問題」がありました。この理由は「築地」が好きな場所であること、そして、現在も「自殺」に追い込まれるほど葛藤している人達がいること、知人もいること、などで、苦悩がわかるがゆえに痛すぎて、なかなか現状をかけないほど深刻であること・・を、ご理解頂けると、この2転3転する酷い話は長引けば長引くほど、苦しい環境下の人たちが増えてしまうとわかります。

一度決めたことを、上から目線の人たちに勝手に2転3転させる苦悩とは、江戸の台所の店舗や卸業の会社からすると「自殺の引き金」の相手になっていることでしょう・・。体がうごかなくなった人も多々いることを知人からききました。本当にひどい話です。築地は築地のままでよかったのに・・!

そもそも、2020年オリンピック(スポーツの祭典)をするからという理由で、いや、もしかしたら、巨額の資金がうごくことがカルマ的な目的であり築地を豊洲に移転と決めたのか?

北海道から日本海、玄界灘まで、海の幸は漁師さんの手からトラック運転手の方、そして、築地に一度集まります。
そして、築地から京都、金沢、有名ホテルから飲食業、街の居酒屋さんへ津々浦々と、食文化を形成してきました。

長年の積み重ねがある店舗を簡単に移そうとする「今日から豊洲でどうぞ、築地はなしですよ」と言えてしまう驕りと権力の暴挙がある政治家は人生最後にすべての功績がなくなるほど追い詰められるのがこれ当然だと思います。これぞ、因果応報!!私は、適正に中立心をもってどこから心眼でみても、この人は「百条委員会」にかけられるべきだと思います、すでに、元都知事は「だからなんだんだ!」といいながら、肉体がヨロヨロになっていますが、どうしても可哀想に思えないぐらい悪事を働いたように感じます。他にも多々権力の暴挙はあったでしょうね。私の知人の隣店のマグロ屋の3代目若だんなの一家は、この件で一家離散になってしまったと聞きました・・。氷山の一角です。

シルバーあさみの心眼コメント

私の麻布の祖母は築地で経済人が立ち寄る料亭を経営していました。食通の父も祖母も築地に愛着がありました。
禅的な修行を教わった数江先生は「茶事で懐石」をするとき毎回築地で食材を仕入れていました。よくお伴しました。
飲食業の人たちは、包丁から金具、厨房用品の調達もできる、「おぅ!元気かぁ!」がいたるところで飛び交う昭和な感じのままの本当に永久に残したい場所であるのです。
それなのに、石原元都知事が「あんな汚い場所(築地)で魚の商売がよくできるな!」と数年前、最近も吐き捨てるように言っているのを聞いて、吐き気と胸焼けがしました。
これは全国の料亭、ホテル、各種飲食業への暴挙にもつながり、何より早朝から仕事をしている築地の方々に対して人間の尊厳がまったくない、人間は人間を粗末に扱うと、因果応報、落ちるところまで落ちる。「築地をうわまわる汚染度だった豊洲」が暴露されました。言った言葉がそのまま応報されています。闇洗い出し作業がついに始まったと感じます。ファクトがわかる「百条委員会」が楽しみでありますね。悪事はとっとと早くすませて、~築地市場が健全になりますように~。

シルバーあさみの唯一の地球アセンションセミナー~上記の件もすでに2年前からこうなることを心眼ファクトで伝えてしました~