森ゆうこ議員「処分?報復したら私は許しません」「虎の威を借る狐」とは?

森ゆうこ議員「処分?報復したら私は許しません」「虎の威を借る狐」とは?

これはひどい-!!加計学園問題の「あったものはないとはいえない」(前川元文科省事務次官)という士魂に次いで文科省現役の方々が「あった」と書類を公にだそうとする一揆のサムライ魂が増加中でした。それに関して昨日、義家弘介文部副大臣が「そのような職員は公務員法違反で処分する」めいたことを公の場で発言、かなりの物議を醸しだしています。「だからだったのか!!」と逆に「官邸の力が働いていた」と思った視聴者が多数いたのではないでしょうか。だから「黒を白といわないとならない」構図だったのです。それを聞いた注目の森ゆうこ議員(自由党)が「あなたはそれでも政治家ですか?処分?文科省の方々を報復人事をしたら、私たち、いえ、私は許しません」と強烈に眼見していいきりました。(多少の語彙の違いはお赦しください)加えて、内閣府藤原審議官に言った一言も凄い!「あなた、あなたにこの件の全ての罪を擦りつけ、あなたの全責任にされて消されるのではないかと心配しています、本当のことをいいなさい。」(多少の語彙の違いはお赦しください)と刑事さながら「目覚めよ、それでいいのか!」(これは私の見解)というような言葉で詰めより「虎の威を借る狐か!」と言われた藤原審議官は涙目になってそれでも「加計学園理事長と何度もあったこと」を「やっと思いだしました」というような「自分を守るだけ、黒を白というしかない」旧来の答弁に終始しました。元文科省の前川氏に続く現役官僚武士とツイッタ―でも案じられる「藤原審議官にすべて責任がいくだろうな」のご家族がフッとよぎり、妻、子供は高校生ぐらいか、大学生か、住宅ローンか官舎にお住まいか、そこで腹くくる女神が大事であると心眼コメンテーターは拝見していました。また、山本太郎議員の国会中継があまり報道されないのが残念ながら通例ですが、同じ自由党の森ゆうこ議員の山本議員同等以上のド迫力の質疑と「本当にあなたは残念な人ですよ」と相手の潜在意識を掘り起こすかのような質疑はかなり注目でありこれがかなりの時間でお茶の間に報道されはじめたのが凄い流れと思います。お茶の間のお父さんたちの中でも「立場」「肩書」「家族と会社のはざま」を一度や二度は体験している人は震えあがっていると思われます。注目です!

「文科省武士に報復処分があれば国会議事堂前のデモに行きませんか」

森ゆうこ議員の最新ツイッタ―は「民主主義が崩壊する」の言葉です。森ゆうこ議員に「マスコミにもっていかずに内部文書を自分にもってこればいいってそんなことしたらまた隠すだけだからでしょう。誰にも信用さえてないんですよ!」とコテンパンに言われて劣位のエゴカルマが炙り出された「虎の威を借るだけ」立場だけの政治家・義家副文部大臣は7チャクラがドロドロです。第三の眼は真っ暗です。(肉体透視で個人的批判ではありません)「内部文書を公にだしたら処分は当たり前だ」と取材に応じている時に背中に黒く折れた羽がありました。そういうことか・・。偉くなると目がドロンとするのかな、、この人が税金を使用することが如何かである、と今日「共謀罪」の法案が成立するとこちらの公式ブログの中題の「文科省武士に報復処分があれば国会議事堂前のデモに行きませんか」も言論の自由が許されなくなるのだろうか?昨日の報道ニュースステーションでジャーナリスト・評論家である田原総一朗さんのコメントは「朝まで生テレビ」を彷彿とさせるようで大変面白かったですね。今まではやや偏っているなーと思うことがありましたがまさに今、言論の自由を闊達に見せてくださいました。倫理感が整っているアナウンサー・ 富川悠太さん(横浜国立大学卒・子供を撮影する動画が趣味)が「安倍さんが急ぐ理由は何なんですか?」「国民がみんな怒っているよ!」「これはおかしい!!」を連発する暴走?を制する姿もさすがでした。「加計学園をつっこまれたくないからですよね~」が田原総一朗さん、富川悠太さん、評論家・後藤謙次さんの3者同意の言葉でした。「えっ、やっぱりそうなの?」と視聴者~そんなことで急ぐのかしかも強行採決的な方法はおかしいぞと、野党が内閣不信任案で抵抗しましたが否決、国会議事堂前は2年前の「憲法改正反対」のシールズ代表の掛け声と集まった人の本気さを彷彿とさせるデモが起きていました。作家、文化人、若者、サラリーマンが「言論の自由」「民主主義」の大弾幕を掲げました。ツイッターなどでは「これに無関心の国民がいけない」という声も数多く流れたようであります。「テロ等準備罪」「加計学園問題」・・「森友学園問題」はどこいった?とならないように冷静かつ情熱的に注目していきましょう。「加計学園」の獣医学部新設問題で文科省の追加調査が遅い件も東京新聞・望月記者が「ファルダはピッピッとマウスでクリックすると情報がすぐでますよ!」と菅官房長官に女性ならではの目線で切りこみました。女性の時代も到来です。菅官房長官もまったく珍しく涙目になり「はい、やっていると聞いています・・。」と押され気味で答えていました!!凄い!!要は「時間がかかる訳がないでしょう」と隠ぺいしないでくださいね!と先手を打った訳ですが、立場を守らない覚悟の女たちは強し。

「シルバーあさみの公式ブログ」は心眼セレクトが圧倒的な人気です。現在は、無党派、右派でも左派でもなく、無宗教のシルバーあさみの社会事象をズバッと!は中立中道&宇宙の真理&アセンションリーダーとして必要な項目のみをピックアップして捉え方を渾身で書いています。今日はこれは絶対に視聴しておいてくださいの「森ゆう子議員の街頭演説」を載せることにしました。何が起きているかリアルによくわかります。視聴した上で次回選挙は国民も責任もって判断をしましょう。☟これぞ!命がけ政治家魂を視聴しましょう。☟

シルバーあさみの心眼コメント

因果応報なのか?安倍首相なりに「国民のため」だったのか?海外外遊も多く帰国すると「森友問題」なぜか終わったら「加計学園」の本丸問題、誰が票をいれたのだと多数の国民が言いたくなる法務大臣の説明しどろもどろ問題、誰が票をいれたのだと多数の海外メディアがいっている防衛大臣がたよりない北朝鮮ミサイル問題、トランプ政権と連動する問題、コズミックマインドマップなら畳12畳の模造紙でないとまとめきれない課題の山々、、、身体透視によると心痛により数か所内臓が病んでいて現在、厳しい肉体事情に透視できます。どんな政治家も「体あっての物種」です。悲願2020年はおがめなそうですね・・。唯一の光が奥さまだった、、、だった(過去系)だとすると、、それはなぜかというと、この先は「有料ブログ」で読んでくださいね。(8月8日スタート)