北朝鮮のミサイルは断じて許せません!VSトランプ外交のルートが最後の晩餐・・!

北朝鮮のミサイルは断じて許せません!VSトランプ外交のルートが最後の晩餐・・!

世界を敵にまわしてほんの少し金正恩氏に同情していたが完全に撤回です。弾道ミサイルから見た「「地球」は幸せ」と公言していることに宇宙神のレッドラインを超えました。完全に神経が闇低次であるとこの件で証明されました。弾道ミサイルの成功に軍服を着た無理に万歳する人たちと声の振動が怖いアナウンサーの雄たけびも徐々に見慣れてきていました。が!!弾道ミサイルから「この青い地球を見て幸せとは何事だ!!」と私一個人が怒ってもしょうがないのですが、日本人の血がはいっているかと大目に見ていましたが、「これは断じて容認できません!」(あれっ?!)

~聖地エルサレムの「嘆きの壁」で何を考えたのだろうかトランプ大統領~

いつもトランプ大統領が外交しているときに北朝鮮ミサイルが日本に向かって飛ばされる構図にうんざりです。毎回、毎回、一番思うのは「日本の排他的経済水域外」の日本海に落下の位置です。新潟県、青森県、北海道どこの方角なの?と私たちは速報で知りたいわけです。このたびは「秋田県・男鹿半島から約700キロメートル」だそうです。「日本の排他的経済水域内」だったらどうするのか?も具体的に教えてほしいと思いますよね。何度飛んでも同じセリフを聞くだけです。せめてをの対応策の具体例を知る権利があると国民の一人としては思います。今年8回の「厳重抗議」が効かないということがSNSなどで拡散されています。トランプ大統領が大々的な中東の外交中であり北朝鮮に対してコメントを控えているのも不気味です・・。

これを独自の目線で心眼コメンテーターがズバッと語ると、これが4ケ月以上つづくことはないということ、どの国も優位論のカルマ的立場が損なわれるからです。4ケ月以上続かないとすると何かが起きるという見方、6月22日、9月22日と2回次元上昇があるので、金正恩氏の神経が余計おかしくなることは必須であること、各国首脳の闇があぶりだされるということ、よほどの目覚めがない限りは混乱、混乱が続き、圧力をかけて平和など起きるわけがないこと、北朝鮮のみならず武力で他を制するという方法が間違っているということ、私一個人は微力でありますが宇宙の真理は偉大です。宇宙の真理の「レッドライン」を完全に踏みました。

神経がおかしいのは外交で武器を売買する意識、美しい地球で人間の生命を脅かす闇が平和という名のもと、利用されているのは兵士たち。TVでは北朝鮮がおかしい、おかしいと、・・たしかに、、そしてトランプ大統領がおかしい、というけれど、G7首脳会議に参加国のリーダーはみな次元がおかしいです。(次元透視で勝手に書いています。)頭が戦争と石油とお金になっているのでしょうか。次元が高いと「愛と調和」、次元が低いと「戦争と不調和」であるという実例です。「国を守る」ということは戦争をすることなのでしょうか。

ところで今日の21時NHKも解説が全くあたっていませんでした。今回のトランプ大統領の歴訪する国はあまりにもすごすぎます。今日はイスラエル、「ゴルゴダの丘」イエス・キリストの処刑されたといわれている場所、同行の娘婿クシュナー氏はイスラエルと懇意で敬虔なユダヤ教徒です。エルサレムの聖地にアメリカのホワイトハウスを移すご提案があるとかないとか・・、5月24日はバチカンでフランシスコ法王と謁見だそうです。G7がイタリアのシチリア島です。怖すぎるルートです。これで何も起きないわけがありません。数千年の闇のパンドラの箱があきそうです。ドカーンと開くでしょう・・。私は「ゴルゴダの丘」「最後の晩餐」がエルサレムで2つ重なった時にことが起きる」と啓示で聞いています。ユダヤ教、イスラム教、キリスト教の聖地エルサレムをトランプ大統領が通過後にことが起きると感じます。もっと書けないこと多々ありますので「有料ブログ」準備中です。

シルバーあさみの心眼コメント

番外編)トランプ氏の奥様のファッションについて)
中国の習近平国家主席と品の良い礼装の奥様と初対面の食事会で肩をたくさんだした赤いロングドレスから間違ったTPOセレクトになっています。TPOがあっていません。このたびのアラブの王族たちとの会合で黒スーツ全身&ゴールドのベルト、イスラエルの聖地では白いスーツです。完全にTPOがまちがっています。綺麗な方ですがこのトランプ大統領の外交ルートの意味と凄さがわかっていないのがファッションからよくわかります。実業界の社交パーティは夫人として多かったでしょうが、第三次世界大戦が起きるか否かのときですから粛々としたファッションでなければなりません。何も知らないのがよくわかります。日本の場合もそうですが、案外、妻は何もしらないのかもしれません。