ヘイトクライムが何故起きるのか? 助長するSNSや報道にズバッと!語る!

ヘイトクライムが何故起きるのか? 助長するSNSや報道にズバッと!語る!

「世界が平和」になる前に闇が炙り出されます。闇は認識しないと光に統合できないのでやむをえないとはいえ、世界中で「ヘイトクライム」が起きている現象を一緒に考えましょう「えっ、そんなのがあるの?」・「はい、あなたは幸せです。」だからこそ、事実起きている社会現象を客観的に見据えて自身の意識を変えていきましょう。この世界の闇は「差別と偏見」であると数年前から「シルバーあさみの公式ブログ」に書き続けてきました。日本にも隠れた差別が多く、1人の偏見が差別に繋がり暴力となります。外に現れたのが最近では神奈川県の福島から移転してきた少年に対する「放射能で汚れているんだろう、いじめ」事件ややまゆり園障害者施設の障害者殺傷事件がこの数日間クローズアップされています。確かにこのような大量虐殺事件で考える機会になる場合、信じられないことにツイッターや2チャンネルでは容認する人たちも多数いるといいます。「自分もそう思っていた」という闇を引きづりだしたのか!?このまま、勘違いも含めて拡散すると集合無意識的に宜しくないので書くことにしました。

★ヘイトクライムについてのウィキぺディアはこちらから★

ヘイトクライム(英: hate crime、憎悪犯罪)とは、人種、民族、宗教、性的指向などに係る特定の属性を有する個人や集団に対する偏見や憎悪が元で引き起こされる暴行等の犯罪行為を指す。アメリカ連邦公法によれば「人種・宗教・性的指向・民族への偏見が、動機として明白な犯罪 (Public Law101-275) 」と定義されている。前田朗によれば「人種・民族・国民的な差異をことさらにターゲットにして行われる差別行為とそうした差別の煽動」である。

ヘイトクライム – Wikipedia

ヘイトクライムとは?

ヘイトクライムとは?

ヘイトクライムとは、人種、民族、宗教、性的思考による特定の個人や集団に対する「偏見」や憎悪がもとで引き起こされる暴力等の犯罪行為を刺します。自分の差別している相手に対するターゲットに対しうる憎悪が動機と定義されています。日本人は神社に初詣、結婚式はチャペル、寺で墓参りが平気でできる世界に類をみない宗教の知識が少ない民族なので世界の宗教による戦争が何故おきるのかは、社会事象を研究している人以外はなかなか理解できないところかもしれません。まず「人種」問題です。「白人至上主義」の容疑者が電車に乗っていた17歳と16歳の黒人女性に「死んだほうがいい」と暴言を浴びせ、二人を守ろうとした大学生含む2人の男性がなくなった事件が5月26日に起きました。「暴力を許さない社会にしてください」とその大学生の母親はトランプ大統領に手紙をだして話題となりました。その大学生はジョンレノンのようなエネルギーのある男性です・・。電車に乗り合わせただけの見も知らない相手を憎むのはなぜか?長い歴史の上の社会が生んだ歪に他ならないでしょう。残念ながら日本と韓国の間でもお互いの国の日本人学校、韓国学校でいじめは起きているのが実情です。それも今に始まったことではなく「ヘイトスピーチ」がこの数年は増加しているので取り締まりや法律もできてきています。一方で日本でも韓国でも歌やダンスを中心に互いの文化交流も起きています。SNSで在日問題を汚い言葉でつぶやくもとの根源は日本の闇にも通じるところかもしれません。韓国や中国では自分の親が親日派か反日派であるかで偏見が違ってくることもあるでしょう。いかにせよ、難民問題しかり、民族の差別とは、自分が生まれた国、親が国が違う場合もある訳ですし、どうしようもない「生まれ」の事実で差別されましてもどうしても変えようのない人種、民族であり、いつか書いたけど「神さまは、白い種と、黄色い種と、黒い種をうめましたとさ」から人類の歴史も始まっているので「人の種の違いを理解して差別の必要がない時代」に入ろうとしているので意識の間違いが炙り出されていると私は考えています。バラが偉い、ユリは手が汚れる、黄色いタンポポはダメということはない訳です。差別があると何に繋がるのかと言うと、仕事の選択が違うということでしょう。世界には現在もカースト制度があり、下位の人たちも割り切って仕事している光景をシンガポールとマレーシアで聞いたことがありました。(商社時代) 、すると金銭問題、生活苦問題に大いに関わってきます。生活が差別によって窮すると暴力的になってしまいます。

黒人が親が白人第一主義で暴力的に扱われたので白人を嫌うのはまだわかるのですが(まだ、とあえて書きました)白人の警察官が黒人青年を犯人と勘違いして暴行したアメリカの事件を正義と扱う人がいるのは、アメリカ建国以来の差別主義が浸透している結果なのでしょうか? 人権問題に取り組んでいる専門家も読んでくださっているかもしれませんが、私は一般的な方々がこのテーマから「気づく」「目覚める」為にシンプルにわかりやすく書いているのでご理解ください。各国の歴史を知らないと語れないかもしれません。陶磁器などのお勉強をすると渡来文化があり北朝鮮、韓国の方々が日本と行き来を頻繁にしていたことがわかります。そのまま日本に住めば在日となりそれがどこが差別をうけるのか私には全く理解できません。逆の場合もあります。これも大阪府を中心に生活が成り立たない仕事しかできない差別があり、お金に窮すると暴力的になりますからそこにまた犯罪、差別が繰り返されてきたのかもしれません。日本語を学び皿洗いのバイトをしているだけの青年が差別されることはあってはならないことですね。こちらも別の心眼的な視点では「次元の法則」があり「日本人は親切」と感じている海外の方と「差別する日本人」を感じている方とわかれるかもしれません。

LGBTに関しては、年代によってはやっと受け入れた世代の方々もいるとは思いますが、一般的には「暴力」したい「差別」にまで思考は及ばない訳でして、どこでそうなるのか? 海外ではLGBTの捉え方は宗教観にも大いによると思いますが日本は「古い固定観念」による「偏見」であり性の志向は人に迷惑をかけなかれば「個人の自由」であります。だからLGBTの方も倫理的にマナーをよくして社会で活躍していくことで「偏見」が払拭できる、すでに多方面でもそれは起きてきていると感じています。

最後に「宗教」の件です。これは一度には書けません。宗教の差別で暴力戦争が起きている世界は「差別」がなくなるまで「暴力」はおわらないのか? いや、そんなことはない、1人1人が自分の闇をみつめること、事実を認識すること、そして「人を認めあう」意識が必要であるでしょう。この件は気をつけて書いているので今日はここまでにします。

シルバーあさみの心眼コメント

やまゆり園障害者施設殺傷事件の問題で「みなの中にもあると思うー」「自分もチラッとそう思ったー」のつぶやきレベルでも今までは無関心に見過ごしてきた問題だから語りあうのはいいのですが、ネガティブの助長が増えるような「みんな感じるよね」報道の仕方がこれまた気になります。パラリンピックが近いからマスコミの煽りなのでしょうか?そんな「みな」と一緒にするな、と私はすぐ思ってしまいました。「すべては魂の学び」とはいえ、実際の体験者にしか決してわからない苦悩、一生の世話、介護、社会福祉問題ある中「障害者の方々に関して簡単に語るものではない」と私は強く思います。「懸命に生きている」そのことをどう差別しようものがありましょうか? 1人1人の人間としての目覚めが「差別」をおわらせる。 あんな適当な発言などに対して毅然と発信している家族の方、ご本人から私は学んでいます。加えて今日の最後に「自分もチラッとそう思ったー」レベルは闇を認識できて逆にチャクラ的には良しなのですけれど、どの問題にせよ、チラッと思っても見も知らない相手に暴力はしませんでしょう。やはり犯罪です。