トランプ大統領がアフガニスタン空爆を実施して各メディアが「爆弾の母ー」!?!?

トランプ大統領がアフガニスタン空爆を実施して各メディアが「爆弾の母ー」!?!?

アメリカ軍は、核兵器以外の通常兵器で最大の破壊力がある「GBU-43B・大規模爆風爆弾」でアフガニスタンの過激は組織IS=イスラミックステートに対する空爆を実施したと発表しました。この爆弾は全長約9メートル、重さがおよそ9800㌔で精密誘導装置も備えていて核兵器以外の通常兵器では「すべての爆弾の母」と呼ばれています・・「爆弾の母」聞いた瞬間に氷つきました・・。

「母をそこで使用するか?」

これは怒りがでました。「母」は子宮の母、学びの母、「お母さんありがとう」の母。水の惑星で最悪の闇の爆弾を平気で「爆弾の母」と呼ばれている、といえる人達さよなら。私ならここで勤務をやめるだろう。それほどひどい、誰がいいはじめたのだろう?しかし、連続して使用する人達に闇がある・・。最悪だ、ギリギリを超えてふんばっている集合無意識をこなごなにするほど最悪だ、私は怒りがこみあげた・・。私達は絶対に使用しない言葉にしましょう。最悪だ!!トランプ大統領の「見事に任務に成功した」は言わされているのか、脅されているのか、憑依してしまったのか?アセンションスター・トランプ氏はうまくいくシナリオを急に変えていませんか?うーーん、明日の北朝鮮の記念日に何が起きるか、、。

北朝鮮の首都ピョンヤンでは、金日成主席の生誕105年記念日を15日に控えています。北朝鮮の祝賀ムードは誰も芯からうれしそうではないのがいつも特徴であり、カルマとはいえ、人生をこの国ですごす人達も大変気の毒であります。また最近、在日韓国の方と会話する機会がありまして教えてもらいました、小・中・高校と日本の北朝鮮学校に通っているときでも肖像画に向かって祈る、敬礼するのが朝の日課だということで10代から洗脳されるのがよくわかります。これが生まれも育ちも北朝鮮であり、自由なメディアや情報源もありませんので、「アメリカと日本は敵」と教えられるということです。教育というのは思想につながります。これまたトランプ大統領もキリスト教の敬虔な信者です。この世界は「宗教による思想の呪縛」にとらわれてしまっているのでしょうか。本来宗教は「人の尊重と慈しみ」ではないのだろうか・・。またトランプ大統領の娘イヴァンカさんの娘婿はユダヤ教でありイヴァンカさんも改宗しています。む、むっ、!ややこしいことでございます。

誰もかれもハイヤーセルフにつながれることで愛と調和の世界が気づけるのに!と希望の光の時期も何度も過ぎて、エゴエゴセルフで戦争好きな人たちが世界を牛耳っています。これは惑星外、ハイパワーなハイヤー機動隊が至る所に降り立ってくれて低次の人間に光のビームをあてるしかないではないでしょうか。その最終的なる宇宙連合の準備もできています。と、社会事象に宇宙情報を書きたくなるぐらいひどい悪波動が世界の活断層を取り巻いています。本日から4月29日までに悪現象起きる率は80%になってしまっています。

有事の対応策))
●淡々と生きる
●悔いなく生きる
●一切動じないこと
●必要最低限の持ち物を枕元に準備をする
●アセンションリュックにマスクをいれる

シルバーあさみの心眼コメント

「爆弾」に「母」をつける人達狂っていると思います。そして北朝鮮の危機をあおりながら、日本では原発再稼働が4件も立て続けに決まりました。報道されません。これ、本当におかしくないですか?理解ができません。なぜーーーーーーーーーーーーーーー!? 次元を超えたので神経がおかしな人達が増えている、私達は「愛と調和」の光を見続けようではありませんか? そして、そして! なんと!内閣府が「弾道ミサイルがあった場合」というチラシを配布しています。世も末です。