人間関係の極意とは?関係づくりのポイントを抑えている人は社会でうまくいく!

人間関係の極意とは?関係づくりのポイントを抑えている人は社会でうまくいく!

人間関係の極意とは?関係づくりのポイントを抑えている人は社会でうまくいく!

人は、人と人とで磨かれ人格が成長します。
生まれてから幼少期、青年期を経て大人になり、
家庭や学校、会社、という組織、社会の中でその時々に人間関係が築かれます。
幼少期に体験した周囲の人との関係性は大人になっても多大な影響があります。

色々な人に出会う中でどのように良好な関係を築いていくのか。
時折、出会う自分自身にとって苦手だと感じる人とどのように折り合いをつけていくのか。
我慢をすればいいのか、気にせずに受け流してしまえばいいと思っている人は多いのではないでしょうか。
我慢はある場面で崩れてしまい、やがて爆発して人間関係の不調和が起きる批判心になることがあります。

人間関係の極意とは?関係づくりのポイントを抑えている人は社会でうまくいく!

significance-of-human-relations-01

人間関係がうまくいっている人に共通することは、気配りが上手であることと言えるでしょう。

では、気配りが上手であるとは実際どのようなことなのでしょうか。
気配りとはコミュニケーションであり、人間関係づくりといえます。
コミュニケーションには言葉と表情姿勢など目に見えるバーバルコミュニケ^ションがあります。
言葉においては、適切なタイミングと、適切な言葉がいかに言えるかがポイントとなってきます。
そのためには、相手の求めているものが察知できることが適切な気配りができていることですね。

プラスアルファの気の利いた言葉が言える、表情を向けられることはセンスの一つでもあります。
相手への気配りの上手な人が多い職場は、嬉しくありがとうの言葉が多い職場といえるでしょう。

つくづく自分勝手な人、意地悪な人は、気がきかない、愛と感謝と尊重心が薄いと思う次第です。
エゴの強い人は気がきかない、相手の立場や気持ちをくめる人は気がつくという現象があります。

我慢している間に、まわりの人に、「自分は気配りがあるのか?」と考えてみると高レベルです。
自分だけが我慢ということはない、実は誰かが自分に気配りしているのに気づいていないのでは?

禅問答のような解説になっています。だから面白いとよく評価をいただきます。答えはあなたの日常にあります。

シルバーあさみの心眼コメント

人間は、我慢はできないのです。我慢すると、潜んだ意識にエゴと闇がたまっていきます。
かといって、暴言を吐いてもなりません。普段から、気づいていると(目安は1日3回程度)
わずかでもリリースできていますので、できれば、ありのままに「自分はこう思います」と
いえる方がいいです。実は、正直に言えない相手はいないはずなのです。ありのままでいい。