真実は一つである!人生が覚醒する言霊(シルバーあさみ著)

真実は一つである!人生が覚醒する言霊(シルバーあさみ著)

1点の曇りもなく、ありのままの自分でいる。
どの時間も、どの日も、悔いがないように過ごすこと。
いつも心に偽りがなく、真実だけを語る日々を過ごす。

「真実を捉えていたら、迷うことは何もない」

真実を見抜く目と耳が必要である。
現代社会の中で何の偏見もないこと。
心の眼を開き、相手を社会を見抜いていく力を養うこと。
真実を捉えていたら、迷うことは何もない。

「念」という文字は、今という瞬間に心を打ち込んで生きること。
自分が満たされていく人生を歩んでいく人生をすごすには、念をいれて生きること。
いい加減に怠惰に過ごしていると、いつまでたっても結果がでない。

実のある行為の結果はすぐにお金の現実となる。
心の内側が現実の現象となり、心の美しさによる結果は顕著である。
自分が中心であると金銭は詰まりやすい。社会貢献、世のため、人のため。
相手はどう思うのか、相手に何ができるのか、考えている人たちは豊かである。

この「人生が覚醒する言霊」は魂を込めて書きました。(※ハイヤーセルフ以上の高い次元と禅を基礎にした天地の言霊)

シルバーあさみの心眼コメント

「おはようございます」と挨拶を大事に太陽に顔を向けて生きていますか?こんなに素晴らしい1日の朝が過ごせている人達と、あたり前に思っている人達と同じ言葉や光景からも見落としていることはないでしょうか。急速な時代に変革に取り残されないためにも、人生を生きていくことが辛くならないためにも、言葉を見直して姿勢を正しくしていくことが必要であると思います。この「人生が覚醒する言霊」は魂を込めて書きました。(※ハイヤーセルフ以上の高い次元と禅を基礎にした天地の言霊)

★こういう時代は「人生が覚醒する言霊」を1日1ページ読みましょう★