大転換期の事象の変化に動じない心を養っておくこと。

大転換期の事象の変化に動じない心を養っておくこと。

「動じない心を養っておくこと。事象の変化に動じないでいること。自分自身が惑わされないでいること」「感謝は目と、行動と、あり方と、言葉で示すもの。言葉を行動に体現させていける人は、感謝の言葉と行動が一致する」「必要な人たちが目の前にいる。魂を磨いている人ほど、必要な時に、必要な人が現れる」「「忠実、誠実、正直であるか」日々、問いただすこと。使命に忠実、誠実、正直であるかということ、それさえ丁寧に守っていれば不安、心配はない」「人は人との間で磨かれる。人は人と支え合って生きている。人と人との間で学び、人間力を磨いていこう」「「枠をもたない」という寛大な意識に近づくこと。あなたの古い観念や価値判断を毎瞬手放していこう。「無」「空」「ここにいる」を目指そう」(「人生が覚醒する言霊」シルバーあさみ著)

1日1回も気づけない人達は、悪現象が増える次元