「日航123便 墜落の新事実 目撃証言から真相に迫る」(青山透子/河出書房新社)

「日航123便 墜落の新事実 目撃証言から真相に迫る」(青山透子/河出書房新社)

「中曽根康弘元首相が29日午前、死去した。101歳だった。「戦後政治の総決算」を掲げて国鉄民営化などの行財政改革を推進。外交では日米同盟の意義を強調し、当時のレーガン米大統領と「ロン・ヤス」と呼びあう強固な信頼関係を築いた。」(日本経済新聞引用)「『日航123便 墜落の新事実 目撃証言から真相に迫る』(河出書房新社)の著者で、当時、日航の新人スチュワーデスだった青山透子氏は、運輸省航空事故調査委員会による事故原因の公式発表(ボーイング社の手抜き修理による後部圧力隔壁の破損が原因となった事故)に対して、大きな疑問を抱き続けているひとりだ。 『日航123便 墜落の新事実 目撃証言から真相に迫る』(青山透子/河出書房新社)・・・当時、中曽根康弘元首相であり、墓場まで真相をもっていったとか。

原発を最も多く建設した中曽根元首相とは?