税金での開催「桜を見る会」は何の目的であるのか?

税金での開催「桜を見る会」は何の目的であるのか?

「毎年4月に開催されている「桜を見る会」は参加者数や支出額が安倍政権では膨らみ続け、2019年の支出額は予算額の3倍に相当する約5518万円になっている。その上、来年は概算要求額自体を約5728万円に引き上げようとしている。しかも、その参加者には安倍総理の地元・山口県の後援会から毎年大勢が参加していることをしんぶん赤旗が先月に報じ、大きな問題になっていた。」「そして迎えた2019年11月8日、参議院予算委員会で共産党・田村智子議員(以降、田村議員)は約30分の質問時間の全てを桜を見る会の問題に費やし、安倍晋三総理大臣(以降、安倍総理)らを徹底追及した。」「複数の参加者のブログでの生々しい参加レポートを証拠にあげて、「桜を見る会は前夜祭とセットで総理支援者との親睦行事になってるのでは」と質問した田村議員。この質問に対する安倍総理の答弁は以下のようなものだった。安倍総理「あの、おー、桜を見る会につきましては、既に、え、政府委員から答弁をしている通りでございまして。えー、個々の、おー、個人名等々についてはお答えは差し控えさせて頂きたい、ということでございます。(赤信号)」 (ヤフーニュース引用) 全国の被災地の支援が優先であると真っ当な人なら考える時期だからこそ、きっと来年の「桜を見る会」は中止になるだろうと思いきや・~・?!

東京オリンピック費用が税金3兆円を超える今、全国で何が起きているのか?