沖縄首里城の火災は何を意味するのか?原因は?

沖縄首里城の火災は何を意味するのか?原因は?

「沖縄県警によると、31日午前2時50分ごろ、那覇市の首里城で「正殿で火災が起きている。黒煙が上がっている」と消防から110番通報があった。消防車10台以上が出て消火活動に当たっている。那覇署によると、首里城の正殿と北殿が全焼したとみられる。」「午前8時までに焼失したのは正殿、北殿、南殿・番所、書院・鎖之間・黄金御殿、二階御殿の6棟で、計4200平方メートルがほぼ全焼した。」「首里城は450年間にわたり、琉球王国(1429~1879)の政治と文化の中心だったが、1945年に第2次世界大戦の沖縄戦で焼失。58年に守礼門が復元され、92年に正殿などの復元が完成した。2000年、首里城跡が「琉球王国のグスク及び関連遺産群」として世界遺産に登録された」(朝日新聞デジタル引用)・・沖縄の象徴的建物(シンボル)の全焼に衝撃と共に全国規模で「火」に注意しよう。

ハロウィーン当日の首里城の全焼について