地球の歴史の過渡期にて、危機管理能力をつけよう。

地球の歴史の過渡期にて、危機管理能力をつけよう。

「トルコ大統領府は16日、朝日新聞の取材に対し、天皇陛下の即位を宣言する22日の「即位礼正殿の儀」に参列するため、訪日を予定していたエルドアン大統領が、訪日を取りやめることを明らかにした。大統領府は理由を明らかにしなかったが、今月9日からトルコ軍がシリア北部を支配する少数民族クルド人の武装組織に対する越境攻撃を続けており、エルドアン氏はこの対応に専念するとみられる。」(朝日新聞デジタル引用)世界は「火種」が大きくなってきていて、日本ではあまり報道されませんが、世界各地で、民衆のデモも増えています。3000年の歴史を過ても、人と人が争い殺し合う戦争は絶えず、それを鑑みてか、自然現象の天災の規模も大きくなってきています。地球の歴史の過渡期にて、一個人が身を引き締めて、危機管理能力をつけましょう。

自然現象の多発化、火山(火)噴火の多発に備えること