愛のある言葉、思いやりのある行動で互いに学びあうために。

愛のある言葉、思いやりのある行動で互いに学びあうために。

「人間関係」は魂の学びです。魂は人と人で磨き合う、その「人間修行」は逃避できないので誰かと魂を磨ける間に磨いてしまいましょう。「自分が反応する」相手とは魂磨きの要因があります。比較的長時間いる相手と磨き合う必要性があります。ダイヤモンドが光輝くためにはダイヤモンドでしか磨かれないように、人は人との出会いや関係性の中でこそ魂を磨くことで日々成長します。当たり前の普通の関係から尊重しあえる関係性にしていきましょう。家族意識だけを強めるのではなく、日々出会う人達と「境界線」をもって人を尊重していくこと、自他共に幸せの一歩であります。相手に依存したり要求をしたり嫉妬したりする自我(エゴ)を減少させることが錆落としにつながります。自分から相手に架け橋を渡していこう。すべては魂の学びです。愛のある言葉、思いやりのある行動とはどのような対応なのか、互いに心がけることは何でしょうか。誰もが懸命に生きています。人には気づきのタイミングがあるだけです。「生きているだけで有難う」と、小さいことにくよくよ悩まず、物事に対してこだわらない、切り替える、寛容であること。~自他共に幸せな世界になるために~

365日魂を磨きましょう!