眼の前の仕事や家事に集中する力で金銭面を安定させる。

眼の前の仕事や家事に集中する力で金銭面を安定させる。

お金とは、自己価値のエネルギーです。人にエネルギーを与え、自分にエネルギーが戻る。この真理を理解する事が重要です。「お金を受け取るのは苦手」でも「会社に文句があるけどこうしてクレー!のクレクレ星人」「この先どうなるの?」ではダメ。「お金を学ぶ」真理を人生の実践で理解することで金銭は円滑になるでしょう。この「お金」の真理を理解するためには、お金と仕事の「境界線」を整える事が重要です。お金が「マイナス」な人達と「プラス」の人達の差は、「毎月の家賃」のためにのみ、働いているのか、「生きがいの感じる仕事」をしているか、の差かです。お金が「マイナス」な時は、生活や言葉が乱れて自我が強い場合があります。「境界線」が整っていないことが多いです。他人に要求が強いと、お金面が窮屈になります。お金が「プラス」な人達は、「物の考え方」で出来事を学びであると受け入れる器が広く、人生に対して内観ができています。お金面を「プラス」にしていくためには、仕事の時間を大切にし、愛と調和の人間となることです。すると、必然とお金を豊かに受け取れる流れになる、ということです。将来を気にするよりも、眼の前の仕事や家事に集中する力が、お金を順調にしていくことでしょう。

水道代や電気代に文句をいわないこと!