地上人は、地上に生き、地上に向かって進み行く(日月神示)

地上人は、地上に生き、地上に向かって進み行く(日月神示)

「我々の一切は生まれつつまる。神も宇宙も、森羅万象悉くが、常に生まれつつまる。太陽は太陽として、絶えず生まれ続けている。一定不変の神も無ければ、宇宙もない。常に弥栄えつつ、限りなく生まれに生まれゆく。過去も無ければ、現在も無く、未来も無い。ただ存在するものが生まれに生まれつつある。生も無ければ死も無い。(略) 生前、生後、死後は一連の存在であって、そこには存在以外の何ものもないのである。存在は生命であり、生まれつつあるもの、そのものである。(略)地上人は、地上に生き、地上に向かって進み行く。」(日月神示・地震の巻・01帖引用)さて、5月「令和」ことはじめ月はいかがおすごしですか。6月22日第三フェーズの終わりまでに人生の課題の改善と無駄時間の削除を急ぎましょう。すべては「今」という時に集約されていると悟ること。その極意とは!?↓↓

「マイナス、ゼロ、プラス理論」は世界で唯一の悩みから悩みをゼロにする区分けの方法

↓ここから先の続きの話は有料ブログでぜひご購読ください↓(下記申し込み後に購読可能)