日本の皇室は、世界最古の世襲制の王室。国民が「令和」の時代へ繋ぐこととは!?

日本の皇室は、世界最古の世襲制の王室。国民が「令和」の時代へ繋ぐこととは!?

「天皇陛下(明仁さま)が4月30日に退位し、皇太子徳仁親王さまが1日午前0時、新天皇に即位した。天皇の退位等に関する皇室典範特例法に基づく代替わりで、元号は平成から令和に変わった。天皇の譲位は202年ぶり。陛下は退位して「上皇」に、美智子さまは「上皇后」となった。宮内庁によると、新天皇になった皇太子さまは1日即位後初の国事行為に臨み、「剣璽等承継の儀」と「即位後朝見の儀」を国の儀式として実施することを定める閣議決定を決裁された。皇居・宮殿で、即位の儀式「剣璽等承継の儀」に臨む。「即位後朝見の儀」で、新天皇として初めて安倍首相ら三権の長など国民の代表を前に、お言葉を述べられる。2001年には、一人娘の愛子さまが誕生した。ただし、現在の日本の法律(皇室典範)では女性が皇位を継承できないため、愛子さまは皇位継承者ではない。新天皇の即位によって、愛子さまの叔父の文仁親王(秋篠宮)が皇位継承順位第1位となり、特例法の規定で皇太子待遇の「皇嗣」になった。継承順位第2位は、秋篠宮さまの長男で、愛子さまのいとこに当たる12歳の悠仁さま」「30日午前には、天皇陛下が歴代天皇などに退位を報告する宮中祭祀が皇居で行われた。午後5時からの「退位礼正殿の儀」では、国民に向けて「おことば」を述べた。約10分間の「退位礼正殿の儀」はテレビやインターネットで生放送された。今生きている日本人が退位の儀式を目にするのは初めてだった。天皇陛下は天皇としての務めを終えることを宣言し、「即位から30年、これまでの天皇としての務めを、国民への深い信頼と敬愛をもって行い得たことは、幸せなことでした。象徴としての私を受け入れ、支えてくれた国民に、心から感謝します」、「明日から始まる新しい令和の時代が、平和で実り多くあることを、皇后と共に心から願い、ここに我が国と世界の人々の安寧と幸せを祈ります」と述べた。」(NEWSJAPNBBC引用)

三種の神器は「この三つの民族を差別することなく統治する天皇」を表していることになる

↓ここから先の続きの話は有料ブログでぜひご購読ください↓(下記申込み後に購読可能)