人間関係を円滑にするためにとても重要な「境界線」の捉え方。

人間関係を円滑にするためにとても重要な「境界線」の捉え方。

「境界線」とは何か?「境界線」とは「人と人が魂を磨き合うために必要なライン」です。「人は人との間で磨かれる。」「人は人と支え合って生きている。」「人と人の間で学び人間力を磨いていく事が大事。」「境界線」とは「自分のエゴを発見するために必要なライン」です。人間には「エゴ」があります。「エゴ」とは気づく必要がある事を教えてくれています。人間関係で悩みやトラブルがあるのならば、必ずご自身に「エゴ」があります。「エゴ」が全く無ければ、全ては順調にうまくいくのが宇宙の真理だからです。人間関係を円滑にするためにとても重要な「境界線」の捉え方です。「境界線」が崩れていると他人に対し「期待」や「要求」の感情が出やすいです。「期待」や「要求」があると人間関係が「依存」となり不調和を起こしやすいです。「境界線」の整え方は、誰に対しても尊重心を持つことです。「この現実に必要なことは何か?」「目の前にいる人と何を話すのがいいのか?」と常に自分の体験の現場や相手に対して「尊重」を基礎に1日3回の気づきです。「無駄なこと」を「話さない」「聞かない」という「境界線」も秘訣でしょう。この実践を1日1日、3か月間継続すれば、「境界線」は整ってきます。(※上記、転載は引用元を明記ください)。↓↓コンテンツも読める!↓↓(※

豊かな人生の連鎖「お金」「時間」「境界線」とは?

↓ここから先の続きの話は有料ブログでぜひご購読ください↓(下記申込み後に購読可能)