5月1日「令和」は「闇の計画」or「光の計画」!?

5月1日「令和」は「闇の計画」or「光の計画」!?

5月1日「令和」は「闇の計画」or「光の計画」!?「米朝会談で条件付き廃棄を提案していた東倉里のミサイル施設の復旧工事を完了。韓国政府当局者によれば、「最高指導部が決心すればいつでも発射できる状態を維持中」だという。今月11日に開かれる最高人民会議(国会)が焦点になりそうだ。」(日刊ゲンダイ引用)あの歴史的なトランプ大統領と金正恩委員長の握手から1年後、またもやこの状況に、世界の闇の深さと「人間のカルマ」を解くしか世界の解決の道はないことを思うばかりです・・。又、日本では新紙幣が発表されているが、「キャッシュレス化」が進み、新紙幣を使用する時代なんてくるのだろうか?と「令和」と「紙幣」のフィーバーを客観視するばかりであります。どうなる?「令和」↓↓「紙幣の図柄が20年ぶりに刷新される。新たな肖像画に渋沢栄一ら明治以降の文化人を採用し、世界初の偽造防止技術も導入した「ハイテク紙幣」となる。新元号「令和」に続く紙幣の全面刷新公表について政府は「偶然」を強調するが、新たな時代を祝う機運に弾みをつけ、政権の成果にしたい安倍政権の思惑もにじんでいる。」(毎日新聞引用)

5月1日「令和」は「闇の計画」or「光の計画」!?

↓ここから先の続きの話は有料ブログでぜひご購読ください↓(下記申込み後に購読可能)