日本の夜明前、「令和」に過剰反応な国内外の意味とは?

日本の夜明前、「令和」に過剰反応な国内外の意味とは?

「令和」が海外でもブレーク中です。「1日付の米紙「ニューヨーク・タイムズ」によると、官邸がメールで、「令和」が「order and peace」(命令と平和)と訳されていることについて、「意図した意味ではない」と指摘してきたという。安倍官邸は、「令和」が「命令」を意味するとセンセーショナルに報じられていることに、かなり過敏になっているようだ。しかし、そもそも、海外メディアが「order and peace」と訳したのは、政府の対応が不誠実だったからだ。」(日刊ゲンダイ引用)とか「これを見た瞬間、中国のネットユーザーが反射的に連想したのが張衡の「帰田賦」にある次の句だ。――さて、前半の8文字を見てみよう。万葉集:初春令月、気淑風和。帰田賦:仲春令月、時和気清。」(ニューズウィーク引用)とか、海外ではあらぬ炎上が増えている模様です。東南アジア方面では「原発ゼロ」を表すのか?など勝手な憶測が続く・・。↓↓

「神の意図は人間が知ることはできない」