人間関係の間に働く「氣」と「境界線」について~ヒューマンスピリット~

人間関係の間に働く「氣」と「境界線」について~ヒューマンスピリット~

「気配りがある」「気づかい」「気がきく」「気が重い」「気が強い」など、日常会話でも使用される「気」。「気」は触れるものでも、触れるものでもありません。しかし、人と人の間に「気」が大なり小なり働くことは、心の動きや体の状態に影響を及ぼします。「気が散る」「気が気でない」「気がむかない」若者が増えているのは、「精神力の持続」に「気」が影響があるからでしょう。↓↓生命の言動力である「氣」を高めて、人間関係を好転させていきましょう↓↓

人間関係のトラブルは「気」「境界線」を知らない人に起きる!?

↓ここから先の続きの話は有料ブログでぜひご購読ください↓(下記申込み後に購読可能)