日本を助けてくれる政治家はいるのだろうか?~依存から自立へ~

日本を助けてくれる政治家はいるのだろうか?~依存から自立へ~

「トランプ大統領が安易な妥協をせずに良かった」――米朝会談が土壇場で決裂したことに、安倍政権はひとまずホッとしている。いま、安倍周辺が警戒しているのは、自由党の小沢一郎代表の「電撃訪朝」だという。すでに小沢代表は、北朝鮮訪問を明言しているが、米朝会談が失敗に終わったことで、小沢訪朝の実現性が高まる可能性があるからだ。小沢代表の「訪朝発言」が飛び出したのは、アントニオ猪木参院議員が国民民主党の会派に加わることを表明した2月21日の記者会見。会見に同席した小沢代表は、「いま北朝鮮と対話できる人は猪木さんしかいない。来いと言われればいつでもご一緒したい」と強調し、猪木議員も「早い時期にそういう機会をつくりたい」と早期の訪朝を予告してみせた。猪木議員の訪朝は30回を超え、昨年9月にも訪れている。」(日刊ゲンダイ引用)↓↓これが実行されれば日本中が大騒ぎ~どうなる?↓↓

「ノンワクチン」「自然治癒」の否定はしてほしくなかった山本太郎さんの発言と合わせて

↓ここから先の続きの話は有料ブログでぜひご購読ください↓(下記申し込み後に購読可能)