世界平和のために、満月の夜に「境界線」を学ぼう。

世界平和のために、満月の夜に「境界線」を学ぼう。

身近な人間関係ほど、エゴが発生します。勤務先、職場、自宅の人間関係で「境界線」をもって過ごしましょう。それには、言葉と行動を整えましょう。日常の行動も口から発生する言葉もポジティブであること、家族にも、職場でも言葉を丁寧に誠実に生きることです。「境界線」の習得は人間関係を新たな局面にしていくことができます。人間は最初から万全ではないので「境界線」を整えていく間に「誰にも求めない」こと、人間関係で魂を磨いている間に「境界線」が整ってきます。誰にも求めない「境界線」の習得ができると、愛と尊重と信頼関係がある仲間ができます。人と人と磨き合うための「境界線」とは、相手の領域を知った上で、魂を磨き合うことが必要ですね。「境界線」は実際に実践しないと距離感がわからないです。例えば、職場で「週1回だけグループでランチ」他は「1人飯」とか決めるのも「境界線」です。ママ友を家に呼ぶ、呼ばないもしかり、自分の家ですから自分で決めていい「境界線」です。「クラス会」にいく、いかないも「境界線」を決めましょう。実家にいく頻度もしかりです。時間にけじめをつける人の方が「境界線」があります。そして、「ありがとう」を対面で伝える、それが倫理と境界線です。↓↓世界に適正な「境界線」を習得できている人達が増えていくと平和になるでしょう。↓↓

「人間関係の不都合は「境界線」のライン設定のミスです」

↓ここから先の続きの話は有料ブログでぜひご購読ください↓(下記申込み後に購読可能)