働く時の意識が「世のため、人のため」である人は、生きるスタイルが美しい!

働く時の意識が「世のため、人のため」である人は、生きるスタイルが美しい!

こんばんわ。人生の時間の大半を占める仕事について考えてみましょう。仕事をしている時に無駄な時間を過ごさないこと。例えば、ダラダラしたランチや会議は仕事ができない人達がすることです。物事の捉え方を客観的にしていく、例えば、ランチはその場所、雰囲気、接客を含めた価値のエネルギーです。会議も会社の時間であり、どの時間も仕事の間の「お金」のエネルギーの考察に繋がります。1日の働いた時間が給料日にエネルギーとして還ってくるというのが仕事の真理です。金銭面が安定している人たちは倫理観が高く「境界線」があります。他者貢献や利他を考えて仕事をしていこうといつも意識しています。他人に依存性がある人たちは「境界線」がない、緩い、自分が中心である、よって金銭がカツカツになる、お金に窮していると、人間関係に尊重度が欠けるから他人にばかり要求を求めてしまう、すると、職場の人間関係がギクシャクして不調和になりやすいです。どういう生き方をして誰に喜んでもらえる仕事のか、仕事で何を学んでいるのか。心身には「気」=エネルギーがあるので、働く時の意識が「世のため、人のため」である人は、生きるスタイルが美しいです。すると、金銭も人間関係も安定します。人生は、あなたの生き方で輝いていく。本来の生き方や心から幸せで満たされる生き方を模索していく事が大切である。↓↓

~蟻地獄に落ちないために、ワーキングスピリットを習得しておこう~

↓ここから先の続きの話は有料ブログでぜひご購読ください↓(下記申込み後に購読可能)