天国か地獄か?!各個人の意識と現実の多極化において。

天国か地獄か?!各個人の意識と現実の多極化において。

こんばんわ。「外国人材拡大法案」が与野党と専門家で議論されています。うわべのグローバル化が日本を破壊したとわかった今、この法案を急ぐ理由は何でしょうか。「人手不足」?・・現在、約135万人の外国人労働者が日本に滞在していてそれは10年前の2・5倍であるそうです。その外国人労働者が言う「日本は治安はいいけれど働きにくい」のは本当なのか、受け入れ先の人材研修を受ける姿勢が各国で異なる難儀さもあるでしょうし、日本は日本で立て直そうという考えもあるでしょう。これを事例に、多種多様な価値観が増えている状態において、各個人の意識と思考の次元も多極化しています。このような世界の中、日本が日本でなくなる危機感が起きそうな法案に感じます。今、日本に何が必要なのか?1人1人が真剣に考えることが早急に必要でしょう。この世は天国か地獄か?あなた個人の心がまえ次第です。この世界で魂を磨くしか生き残り策はないのではないか。↓ここから先は「有料ブログ」でご購読ください。↓

「消費税10%」に暴動も起きない日本に外国人が雪崩のように入国する危機とは?!(どちら側も動機が大事)

↓ここから先の続きの話は有料ブログでぜひご購読ください↓(下記申込み後に購読可能)