大嘗祭30億円の国費の是非から「日本の在り方」を考察する時代へ

大嘗祭30億円の国費の是非から「日本の在り方」を考察する時代へ

「秋篠宮さまは30日、53歳の誕生日を迎えられた。これに先立ち、東京・元赤坂の宮邸で秋篠宮妃紀子さまとともに記者会見に臨み、代替わりに伴う大嘗祭について、国費ではなく、天皇ご一家の私的活動費「内廷会計(内廷費)」でまかなうべきだとし「身の丈にあった儀式」とすることが「本来の姿」との認識を示された。政府決定と異なる見解を皇族方が明らかにされるのは異例。長女の眞子さまのご結婚延期に関しては、婚約内定相手の小室圭さん(27)側に対し、母親の金銭トラブルなどを指摘する報道を念頭に「相応の対応をするべきだ」とし、多くの人が納得する状況にならなければ、婚約にあたる納采の儀を行えないと述べられた。眞子さまのご結婚延期について、秋篠宮さまが公の場で発言されるのは初めて。」(産経新聞引用)これは「平成」がおわる前に大発言ですね。「身の丈にあった儀式」にちょこっと心眼センサーがひっかかりますが、、大嘗祭30億円の国費の是非から「日本の在り方」を考察する時代なのかもしれません。「新天皇となる皇太子さまが即位後初めて国民の安寧や五穀豊穣を祈る大嘗祭に公費が充てられることについて、秋篠宮さまは「宗教色が強いものを国費で賄うことが適当かどうか」と異例の言及。大嘗祭を前回と同規模で行った場合、30億円近い支出が見込まれることが背景にあるとみられる。宮内庁の山本信一郎長官に意見を述べても「聞く耳を持たなかった」と批判された。」(日本経済新聞)・・宮内庁長官と意見の相違も明確にする秋篠宮さまの意図とは?↓↓

日本が着々と変革する合図とは!?

↓ここから先の続きの話は有料ブログでぜひご購読ください↓(下記申込み後に購読可能)