「なまはげ」「ゲノム編集」なぜ今なのか?この落胆と失望は「砂時計」

「なまはげ」「ゲノム編集」なぜ今なのか?この落胆と失望は「砂時計」

「なまはげ」は、秋田県男鹿半島周辺の神の使い(来訪神)を指すそうだが、「泣く子はいねえかぁー」と怖い形相の鬼が包丁をもって子供を泣かせるしつけの行事と思われています。実際に幼少期にトラウマになりそうな恐怖を子供に体験させる行事が「無形文化財」に指定されるか否かとか、世界はどこか狂っているように感じてしまうのは私だけでしょうか。子供に伝えるのは「恐怖」か、「思いやり」か・・。イスラエル10氏族が日本列島に渡ってきて、何をしたのかよくわかる「なまはげ」行事です。「今、何故?」と気づいている方々は、人類の気づきのなさに落胆しながら、眼に見えない意識の向上に努めましょう!↓↓

人間のDNAの操作は今に始まったことではないが

↓ここから先の続きの話は有料ブログでぜひご購読ください↓(下記申込み後に購読可能)