中央構造線上で異常な数の群発地震が発生中!!

中央構造線上で異常な数の群発地震が発生中!!

日本列島の中央構造線上で異常な数の群発地震が発生中。世は、貴花田の「卒婚」と殺人事件の深堀ニュースばかりです。「本当に必要な情報は何なのか?」と神経を敏感にせねばなりません。「相撲」は「シュモ–」というヘブライ語が語源だそうです。日本の国技の語源が「ヘブライ語」であることを知ることは肝心ですね。紀元前からの「地球の計画」は中央構造線上の「フォッサマグナ」にあるかもしれません。「フォッサマグナの西側を西南日本、東側を東北日本という。西南日本に当たる飛騨山脈は(略)大部分が5億5,000万年前 – 6,500万年前の地層(略)であるのに対し、北部フォッサマグナにあたる頸城山塊付近は大部分が2,500万年前以降の堆積物や火山噴出物(略)である。この大きな地質構造の違いは通常の断層の運動などでは到底起こり得ないことで、大規模な地殻変動が関係していることを示している。 」(ウィキペディア引用)↓↓益々不思議な「ジパング」の謎を解き明かす「有料ブログ」はこちらからご購読ください↓↓

「フォッサマグナ」が危険信号を発動している!?

↓ここから先の続きの話は有料ブログでぜひご購読ください↓(下記申込み後に購読可能)