人間の光と闇の統合作業は簡単ではない。パズルのように。

人間の光と闇の統合作業は簡単ではない。パズルのように。

人間の光と闇の統合作業は簡単ではない。パズルのようにガチッとはまればいいが、1カケラの欠落で全体図はできあがらない。実際に、日本社会では企業の「統合作業」が相次いできました。三井住友銀行(三井銀行と住友銀行)、三菱東京UFJ銀行(東京三菱銀行、UFJ銀行)、新日本石油(日本石油、三菱石油)、セブン&アイ・ホールディングス(セブン・イレブンジャパン、イトーヨーカ堂、デニーズジャパン)などです。公では華々しく「統合作業」が発表された時に、陰では、どちらかの企業でリストラが起きているということを忘れてはならない・・統合後も、出身の企業の派閥問題などもあることでしょう。これが世に言う統合です。シルバーあさみが書く「光と闇の統合」とは、1個人の身体内で起きることを指すが、容易ではない。しかし、アセンションとは、人類の統合作業なのです。11月「こと起きる」依然として要注意期間です。↓↓

人間の「闇」を認識する必要が何故あるかというと!?

↓ここから先の続きの話は有料ブログでぜひご購読ください↓(下記申込み後に購読可能)