人類の危機回避!?できるかできないかは己次第。

人類の危機回避!?できるかできないかは己次第。

こんばんわ。滋賀県で陸上自衛隊の砲弾が一般人の自動車にあたった事件を知ると、「現世」とかけ離れた次元に感じます。誰に向けた訓練なのでしょうか?と、シンプルな疑問をもちました。いろいろな国に外遊して「握手」しているのに、一体「誰に向けた」訓練なのでしょうか。的外れが起きた事象は、まさに「的はずれ」に感じますね。「14日午後1時20分ごろ、滋賀県高島市の陸上自衛隊饗庭野(あいばの)演習場で、訓練中に発射した81ミリ迫撃砲の弾がそれて、国道303号脇に着弾した。アスファルトの破片などが40メートルほど離れた演習場外に停車していた乗用車にあたり、左後部座席の窓ガラスと窓枠が割れた。弾は実弾だったが、運転席の男性(71)にけがはなかった。岩屋毅防衛相は「申し訳ない。極めて深刻に受け止めている」と陳謝した。」(朝日デジタル引用)人間は行くべき道が明確にならないと、自分の感情が制御できず、間違いを起こす場合があります。フェークニュース続きのTVは消して、2018年最後の1ケ月半、人生を整理整頓して「進むべき道」をスケッチブックに描いておきましょう。ここから先は「有料ブログ」でご購読ください↓↓

~感染症パンデミック始まる。シルバーあさみの予防方法伝える~

↓ここから先の続きの話は有料ブログでぜひご購読ください↓(下記申込み後に購読可能)