最悪の世界で「光の存在」となる!!この世の地獄を天国にするその時まで。

最悪の世界で「光の存在」となる!!この世の地獄を天国にするその時まで。

世界は混沌としている。メキシコの難民キャラバンなど悲惨である。自国を捨ててアメリカに逃げる理由は「殺人とレイプが多いのと食べ物がないから・・」と8歳ぐらいの裸足の女の子が言っている姿にこの世の地獄を見る始末です。アメリカに逃げてもトランプ大統領がバリケードを張ってアメリカにいれるはずはなく、この人達は2次元地獄をさまよい続けるのだろうか。そんな折、日本で「難民指定」が急がれています。日本は、海に囲まれている国なので、大陸続きの国々よりも難から守られているのか、鎖国的なのか、どちらにせよ、この件からしても「アセンションを握る国」であることがわかる次第です。沖縄県辺野古の基地工事も無理に再開され、新型鳥インフルエンザとやらで恐れさせられて、なぜか、好環境のジパングが破壊的な流れになっています。傲慢さはどこまで食い止められるのか?私たちの「できること」はほんの少しの「光」かもしれないが、蛍が川に戻ってきたように、最悪の世界で「光の存在」となれるスピリットが全国各地に「光を灯す」作業を諦めてはならない第三フェーズの開始です。この世の地獄を見ながら、日本では「普通に」街を歩けることを「あたり前」に決して思わず、沢山「ありがとう」を口から出しながら、意識があう人達が繋がっていましょう。↓↓地球時代はもうすぐそこに夜明の作業を起こすだろう。↓↓

第三フェーズのことはじめとは!?

↓ここから先の続きの話は有料ブログでぜひご購読ください↓(下記申込み後に購読可能)