3次元思考から5次元思考へ進むこと。超感覚は「無限の可能性」を現す!

3次元思考から5次元思考へ進むこと。超感覚は「無限の可能性」を現す!

「ジュリ~~」と樹木希林さんもドラマでファンであった昭和時代の象徴の沢田研二さん(歌手)がコンサート1時間前に中止の理由が「観客が7000人しかいない、満席でないから、僕にもプライドがある」という理由であった模様です。度肝をぬくパフォーマンスと歌が本当に恰好よくて現在、若者にも当時のファッションや歌がリバイバルしている70歳のジュリーは、きっと芸能ブロダクションが観客を集めるスタイルになれきって70歳を過ぎたのでしょうか。私は「1人でもあなたを選んでくれたら開催すべし」と考えています。あなたはどう考えますか。1週間前ならいざ知らず、開演1時間前に起きた事件は、何を教えてくれるのだろうか。楽しみにしていたファン7000人の方々はどう感じたのだろうか。この世界は相手があって自分の仕事が成立する。どんな仕事もミッションも誰かにスキルや商品を届けるために努力するだろう。そのために商品を改善したり、フィードバッグしたり、最高善を企画したりして仕事していく。いつもはあまり芸能界のことはブログに取り上げないが、この機会に「自分は相手に何を届けたいのか」問いただしておくと、ブレがなくなるだろう。すべての社会現象から学ぼう。**さて、人間には「無限の能力がある」五感を超えた超感覚を増していくことで第六感が開き、テレパシー能力もついてくる。「眼の前の現実から教わる」と公式ブログに書き続けていますが、例えば「トイレの詰まり」はお金のつまり、救急車を2台みたら気をつけるなど面白い現象から、「肌荒れ」は「その状況を受けつけない起因がある」し「しゃっくり」がでたら「その件はSTOP」など、ある意味、何もかもあなたに教えてくれているだろう。しかし、具体的に「それが明確にわかる」ためには超感覚テレパシック訓練次第です。「不都合」から教わると知っているだけでもこの能力は高まります。なぜそれが必要なのかというと、未然の回避、予防、状況の改善力のためです。とにかく「誰のせいにもしない生き方」が、超感覚を増すという事実です。「有料ブログ」内では購読読者様間ではテレパシーが起きています。3次元の活動や考え方だと不安が増大し、絶望感が増えてしまうその前に↓

「有料ブログ」購読者が8次元以上である証拠とその意味とは?

↓ここから先の続きの話は有料ブログでぜひご購読ください↓(下記申込み後に購読可能)