「ええじゃないか~、ええじゃないか~」という失望と嘆きとなるのか?!

「ええじゃないか~、ええじゃないか~」という失望と嘆きとなるのか?!

こんばんわ。日本の過渡期に「西郷どん」(NHK大河ドラマ)を見ていると、「朝敵」「朝敵」という言葉が連発されて現在と重なる歴史を感じます。考えれば、歴史に名を残した人間以外に領土争いや権力のための「戦い」(イクサ)で命を落とした武士や農民は幾千万人といること、「明治維新」は今からわずか150年前の出来事であることを考えると、私が「覚醒」の1テーマにしてきた「3世代カルマ」は強烈に日本人に働いているだろう。カルマ的な政治家を見ると、だからか、、と思う箇所と、街を見ると、それにしては、よくここまで「平和ボケ」になったものだ、と思う箇所がありますね。150年前、江戸幕府が討幕されて明治維新となったものの、まだ先が見えぬ混沌とした世に「ええじゃないか~、ええじゃないか~」という失望と嘆きと諦めを踊りにした聴衆達・・。まさに、9月20日は、「もうどうやってもかわらないのかもしれない」嘆きの「ええじゃないか」になるのか、本当に良き世になるのか・・? かたづを飲んで注視しましょう。全国北は北海道から南は沖縄まで震度3が連続的に起きている波動です。自宅も会社も整理整頓しながら、備えあれば憂いなし。↓↓

「2者選択などという簡単な問題ではない」日本はどこに行く!?

↓ここから先の続きの話は有料ブログでぜひご購読ください↓(下記申し込み後に購読可能)