太陽観測施設「アメリカ国立太陽観測所」の突然の閉鎖は何が起きているのか?

太陽観測施設「アメリカ国立太陽観測所」の突然の閉鎖は何が起きているのか?

太陽観測施設「アメリカ国立太陽観測所」の突然の閉鎖は何が起きているのか? 太陽に巨大な穴(コロナホール)が発生したのと同時に観測所が閉鎖されました。地球的規模の異変では?とSNSで大騒動になっています。地球の磁場に異変が起きた+「闇の計画」の最後の足掻きのラストスパートが早まったと心眼で見極めています。だから、心して過ごそう。アセンションを知っていても、まだ心の底から準備をしていなかった方々へ、ついに地球に大異変が起きます。惑星地球は13次元で無事ですが、大問題は、地球の生命体(=人間)です。台風の嘘もドンドン暴かれています。台風って本当に「眼」があるの? これからすべての闇が暴かれる前に、気象衛星コントロール操作が起き続ける世界に、一体何が起きるのだろうか?こんな現象ってあり?! 9個の台風の眼が並んでいる~!?自然と人工どちらが現実を閉鎖するのか?

(気象情報サイト「ジャマイカ・ウェザー」引用)
「太平洋から大西洋にかけて9個の熱帯低気圧が並ぶ衛星画像を英メディア「デイリーメール」は「壊滅的な災害をもたらしうる9個の嵐が地球を取り囲む」という見出しをつけた記事でこの衛星画像を取り上げた。」(ニューズウィーク引用)備えあれば憂いなし。クリアな思考と体力、気力、肝力に胆力を鍛えよう。

太陽の異常によって人々の現実に対する意識と感覚が大きく変化するだろう。

↓ここから先の続きの話は有料ブログでぜひご購読ください↓(下記申込み後に購読可能)