人生は「命の時計」一瞬を大事に選択しよう!

人生は「命の時計」一瞬を大事に選択しよう!

人間には「生と死」という期限があるので「人生をどう生きるのか」という「命の時計」が体内にあるような気がします。宇宙の歴史と比べると短い短い期間に「命を大切にしない人」や「エゴイスティックな悪事ができる人」「鈍感で怠惰な人」がいるのは何故なんだろう。幼少期に親の姿から「無駄な時間」の過ごし方を教わってしまったのだろうか。・・本来は、「命の時計」に期限があるからこそ、純粋な意識、純粋な愛と光を人生に注ぎ込むことができることでしょう。人生に制限があるという世界で、「自己中心的主義で生きる」のか、わずかでも「愛、光、喜び、調和、他者貢献で生きる」のか、その選択は個人の自由ではあります。しかし、魂の成長の第一歩は、少なからず、意識がお互いに影響しあっているということに気づくことから始まるのです。それならば、何かを変えなければならないという自覚から次のステップも始まることでしょう。「ボ~ッと生きてんじゃねぇよ!」とチコちゃん(5歳)が、大人に怒なる番組(NHK)が人気だという。あまりにもアイフォンに熱中している大人を見てチコちゃんがこのセリフを叫びたくなったのですね。大事なことを大事と見落とさない「生命の時計」を身につけたい。↓↓ここから先は有料ブログでお楽しみください↓↓(※ペイパル社の不具合により、一両日、銀行振り込みのみの扱いとなりましたが既に解決済です。秋分の遠隔伝授や大阪トークショーなどご不便おかけしました。1日で多数の申し込み誠に有難うございます。)

「いつかは、死んじゃうんですか?」と聞くのは何故だろう。

↓ここから先の続きの話は有料ブログでぜひご購読ください↓(下記申込み後に購読可能)