地球の空と海は誰のものでもない。カルマ人間は宇宙のレッドカードを踏んだ。

地球の空と海は誰のものでもない。カルマ人間は宇宙のレッドカードを踏んだ。

猛暑、猛暑のニュースを見ると余計暑いな・・。目覚めの一発!ニュースに流さなくても自分で暑いか寒いかわかるって。なんか、異常気象を洗脳されているような気がするんだ。きっと、裏があるよ。このすべてを「宇宙の計画」と呼ぶにはお粗末で闇深すぎる「日本」は、どんな空、どんな海になるのだろうか。「防衛費は約5兆円である。18年度予算で5.2兆円であり国債費と社会保障費を抜いた一般会計予算のうち1/8、13%を占めている。2倍にすれば国民生活は破綻する。消費税を10%にしても足りない。消費税1%の税収効果は約2兆円でしかない。そして5%を8%に増やしただけでも空前の不景気となった。民力は疲弊の極にある。実質所得が下げ止まらない中、消費税10%以上に相当する負担増に国民は耐えられない。到底、平時にできる選択ではない。今は戦時下ではない。強いて防衛費の負担増に耐えなければならない状態ではない。それよりもやるべきことはいくらでもある。現状では安全保障よりも社会保障である。あるいは今後の成長力確保を考慮すれば教育の充実、無償化等に費やすべきだ。」(Japan In-depth引用)これ以外にも、カジノ法案や種子法について会議している部屋でブヨブヨしているおじさんやおばさん達が、ヘラヘラ笑いながら豪華な幕の内弁当を食べている姿をよく見るが、あの弁当を「おにぎり3個」と「麦茶」に変えてもらう訳にはいかないのだろうか。この国難の炎天下に働きづくめの人達の税金で「幕の内弁当」を食べられる神経の人達に一体何ができるのだろうか。↓↓

「台風12号」の怪しすぎる動きで多数の気づきが増えた日本

↓ここから先の続きの話は有料ブログでぜひご購読ください↓(下記申込み後に購読可能)