「惑星二ビル」と「大洪水」との関係性とは!?

「惑星二ビル」と「大洪水」との関係性とは!?

「京都の夏を彩る祇園祭の行事の一つで、来週24日に行われる予定だった花傘巡行について、主催する団体は、猛暑が続き熱中症が懸念されることから中止を決めました。暑さを理由に花傘巡行が中止されるのは初めてです。祇園祭では、山鉾巡行のあとの花傘巡行が中心的な行事の一つで、およそ1000人の行列が京都市中心部を練り歩く予定でした。」(NHK-WEB引用)猛暑、危険な暑さは日本のみならず、アメリカ、イギリス、カナダでも起きています。太陽フレアによる地球の異変に人間は耐えうるのか?「人工気象衛星コントロール兵器」などを造り、「宇宙の倫理」を破壊しつづけた人類に宇宙大連合の判断が下ったのでしょうか。さて、祇園祭は旧約聖書の大洪水が終わった「ノアの箱舟」の祭りだとご存知でしたか。大洪水がひいて、「ノアの箱舟」にオリーブの葉が運ばれた日と祇園祭の始まりの日は同じ「7月17日」であり、神輿には鳥と波の紋が多く使用されています。それが一部中止というのは不穏な波動を感じます。紀元前2万8千年前、惑星二ビルが地球に近づいて、地球規模の大洪水が起きました。↓(注)(ペット犬はアスファルト上を歩かせると50度になります。注意です。子供も大人の体温の5度増です。15kgランドセル反対運動を起こそう)

地球3回目のアセンションを迎える人類への答えは!?

↓ここから先の続きの話は有料ブログでぜひご購読ください↓(下記申込み後に購読可能)