ロシアに血の雨!?彗星の落下がある?天地の一致で世界はどうなる?

ロシアに血の雨!?彗星の落下がある?天地の一致で世界はどうなる?

ロシア北部ノリリスクで「血の雨」血のような赤い色の雨が降るのを多くの市民が目撃しました。「市民の間では、新約聖書のなかで『ヨハネの黙示録』に書かれている「最後の七つの災い」のうちの「水が血に変わる災い」の前兆現象なのかと天を仰ぐ人も多かったが、雨水成分の調査を行った結果、意外な事実が判明した。ノルニッケル社の従業員が、工場の床と屋根に付着した大量のサビをこすり落とした際に、廃棄物を捨てた容器のフタを閉め忘れていたために、風に舞って雨と混じり合うことで赤サビの雨を降らせたというが」(エキサイトニュース引用)但し、その7月4日が「アメリカの建国記念日」であり、7月16日米露首脳会談前に恐怖におののく人達もいるという。事実は小説より奇なり。2020年3月に近づくにつれて、天と地が一致していく・・。「君の名は」を観た時に、この1年以内に、彗星の落下があるという高次元の情報と一致しました。現に、ロシアの科学者は、地球に近づいてくる「惑星X」を既に発見しています。「2018年日本に大災害が起きる」世界中の霊能者、科学者が予測していました。シルバーあさみの「有料ブログ」でも2017年に予知していました。(私は霊能ではない)2018年後半、何が起きるのか!?「ファティマの予言」も終わっていない(計5回)。これから益々、天の作業と地の作業が一致する。↓

地上で起きる事実は、天の作業でもあるから心眼で捉える必要性がある。

↓ここから先の続きの話は有料ブログでぜひご購読ください↓(下記申込み後に購読可能)