6月22日次元の変化に敏感な人と鈍感な人と2極に別れる!その結果は?

6月22日次元の変化に敏感な人と鈍感な人と2極に別れる!その結果は?

新潟県の米山隆一前知事の辞職に伴う知事選は10日投開票され、自民、公明両党が支持する前海上保安庁次長、花角英世氏が当選(54万6670票)しました。立憲民主、国民民主、共産、自由、社民の野党5党と「無所属の会」推薦の元県議、池田千賀子氏(50万9568票)が破れました。小沢一郎・自由党代表は「自由党が推薦した池田ちかこ氏が惜敗されたことは誠に残念である。池田氏は「脱原発」という新潟県の「命」と「暮らし」を守る方針を明確にされ、また「新潟のことは新潟で決める」というスローガンの下、いま新潟に必要な政策をわかりやすく徹底的に訴えてこられたが、このような結果になったことについては、自由党としても真摯(しんし)に受け止めたい。しかし、この国の未来を考えた場合「脱原発」を含めたその主張は全く正しいものであり、引き続き粘り強く国民に訴えかけていきたい。また、国家権力を乱用・私物化し、この国の民主主義や行政を破壊しながら、なおも暴走を続けている安倍政権と徹底的に闘って参りたい。」(朝日新聞社引用)と新潟県知事選を受けて談話を発表しました。各党首も野党5党と無所属の会の一致団結に意義はあったと伝えていました。約37102票差。新潟県の米山隆一前知事の「女子大生援助交際」辞職がなければ起きなかった知事選でした。さて、いよいよ明日の「米朝首脳会談」に備えてシンガポールでも私の大好きな場面を早速みることができました~!「シンガポールでは首脳会談に備えてセキュリティ対策が強化されたにもかかわらず、正恩氏は韓国の文在寅大統領と会談した時のように、警護で囲まれたリムジンで移動している。なお、30度ほどの気温のなか黒服を着た警護は、リムジンの動きに合わせて走っている。」(スプートニク日本引用)又、金正恩氏をのせた防弾ガラス付のリムジンの廻りを角刈り、黒サングラスのボディガードがタッタッタと走っています。懸命に世界と繋がろうとしているが時代のずれと支配の名残を感じる世界の不思議な光景です。「米朝首脳会談」成功したら、日本はどのような立場をとるのだろうか。2018年6月22日からは次元の変化に敏感な人たちと鈍感な人たちの「2極」に別れる!↓その結果は人生において何がどう違っていくのか?↓

天国か地獄か!?アセンションを甘く見てはならない理由とは?

↓ここから先の続きの話は有料ブログでぜひご購読ください↓(下記申込み後に購読可能)