急ごう!!国旗が揺れる・・第二フェーズしか日本人が生き残れる術は通用しない。

急ごう!!国旗が揺れる・・第二フェーズしか日本人が生き残れる術は通用しない。

2018年6月1日とは光陰矢の如しですね。6月2日新潟県知事選のために枝野幸男氏(立憲民主党代表)、大塚耕平氏(国民民主党代表)、岡田克也氏(無所属の会代表)、志位和夫氏(日本共産党代表)、小沢一郎氏(自由党代表)、又一征治氏(社会民主党党首)が野党統一候補の池田ちかこ新潟知事候補の推薦のために6党共同で応援演説を行います。「脱原発」をテーマにした選挙に新潟県民は自公推薦候補VS野党統一候補のどちらを選ぶだろうか?「安倍政権は「膿」を小出し、小出しにして、次第に国民の感覚を麻痺させ、飽きさせて忘れさせる戦術であり、もはや「吐き気」を催すレベルである。犯罪的行為にだんまりを決め込む自民党には付ける薬すらない。膿を出し切ったら、安倍政権には何も残らない。最終的に膿の蔓延は選挙で止める以外にない」(小沢一郎氏ツイッター引用・5月30日)この選挙の様子には野党の本気を感じましたので「脱原発」のために記載しました。「虚偽答弁も虚偽工作も国会に対する冒涜も全て認めているにも関わらず辞めない財務大臣。(略)それだけ日本の政治・行政がぶち壊れているということ。財務省も会計検査院も防衛省も検察も全部壊して笑っている総理。正に膿であり、国難であり、日本の民主主義の敵である。」(小沢一郎氏ツイッター引用・5月28日)白に赤の国旗が揺れています。第二フェーズしか日本人が生き残れる術は通用しない。ここから先は有料ブログでご購読ください↓

~人間は地球を支配するため自分とサタンの欲望のために生きるようになりました~

↓ここから先の続きの話は有料ブログでぜひご購読ください↓(下記申込み後に購読可能)