「ジオストーム」人工気象コントロール衛星が世界を破壊する!?

「ジオストーム」人工気象コントロール衛星が世界を破壊する!?

「君の名は」を観た時に、隕石の落下シーンで鳥肌が立ちました。いつか「これは起きる」とサードアイで感じました・・私の勘?は、いつも当たります・・・この半年間、100本以上の映画を観て心眼でプロバガンダ研究をしていました。しばらくすると「ハリウッド映画の闇」が大スクープされました。10年間、映画を1本も観る時間がなかったのでちょうど50本目を観たぐらいの同時期で驚きました。時にハリウッド映画にはピラミッドの眼があからさまに冒頭からラストシーンでも、主人公の入れ墨のマークにも壁のインテリアにも・・と至る所に象徴的にインプットされていました。「スターウォーズ」ファンには申し訳ないのですが、こちらは音の波長で神経が闘争的になると感じました。戦争に麻痺する感じの周波数・・(私は特殊なバウンダリング技術をもっていて安全) 映画監督が人類に警鐘を鳴らす目的とわかる場合と、そう見せかけてプロバガンダ暗示にかけていく場合と、まったく自然な映画なのに「ブロビデンスの眼」が埋め込まれている場合など、約100本以上ですからここには分析結果を書ききれません。だからこそ昔の名作を見ると美しくてホッとしたりしていました。2018年1月公開された「ジオストーム」はハリウッド娯楽映画ですが、世界で話題の人工気象コントロール衛星が突如暴走を始めて、世界各地に超異常気象が襲いかかる~!!というリアリティのある設定の映画です。未曾有の災害が世界に同時多発的に起きる地球壊滅災害「ジオストーム」の発生を防ぐため「人類を救え」と主人公たちの手に汗握るアクションシーンもあるSFアクションストーリーです。半年間の心眼的なプロバガンダ研究も終わり、この1ケ月は映画を観ていなかった私にハイヤーセルフがこれを見るように本日、勧めました。「ジオストーム」を観て「これは起きる」とまた感じました。ブラジルが氷点下となり、ロシアに炎が、香港に地割れ、ドバイに津波が、そして、日本では東京・銀座和光前に隕石が降って都会の街は破壊されます。●●ミナティの暗示映画であるのか警鐘なのか・・。性的な乱れも怖い場面もなく次元は低くないので一度みておくのもお勧めです。(※念のため、●●ミナティの暗示ブロバガンダ映画と知ってみるのは問題ないと推薦)格好良しな場面もありながら、東京・銀座和光前を狙いうち!?●●ミナティカードの暗示の再燃か~?と、いずれ、「死海文書」や「ファティマの予言」はリアルに現実化していくように感じました。無ホウビに鈍感でいるよりも、闇を認識して、中立中道歩もうよ。

「人類の危機」世界が破滅する急激な気候変動であるという高次元情報とは!?

↓ここから先の続きの話は有料ブログでぜひご購読ください↓(下記申込み後に購読可能)