第二フェーズ「変革の時代」へ!!心眼層による魂の着火!!

第二フェーズ「変革の時代」へ!!心眼層による魂の着火!!

ザギトワ選手は美しいし、秋田犬マサルは超々可愛いが「そんなことを日本がしている場合なのか?」「なんで?今?」と腑に落ちない人たちも多いことすら読めないTVは視聴率離れの原因をつくり出していると知らない・・。日大アメフト問題は疑惑隠しのスピン報道なのでしょうか。今日も国会では「会った、会っていない」に税金が投じられています。人間はどこまで嘘をつき通せるのか?闇には蓋をできるのか?しかと観察しておきましょう。加えて驚く事実をツイッターで見つけました!NHK大阪放送局の報道部の副部長が「森友学園をスクープした記者」が左遷されることがSNSで拡散中です!6月8日付で記者職から番組チェックなどをする「考査室」すなわち「窓際」職に異動の内示が出された模様です。この記者は、森友問題発覚後にいち早く籠池被告へのインタビューをしていました。森友学園問題を最初に指摘した木村真 豊中市議も「スクープ記者を外すようではNHKは終わり」と発信しています。「(森友問題スクープ記者を“左遷” NHK「官邸忖度人事」の衝撃!)森友問題を最初に指摘した木村真豊中市議がフェイスブックに〈大阪NHKの担当記者さんが、近く記者職から外されるということです!〉〈NHKが「忖度」したということなのか〉と投稿し、物議を醸している。日刊ゲンダイが調べたところ、木村氏が言及したA記者は現在、大阪放送局の報道部の副部長だが、来月8日付で記者職を離れ、番組チェックなどを行う「考査室」へ異動する内々示が出されたという。(日刊ゲンダイ引用) 籠池元理事長が釈放されて、隠されていた大量の文書の真偽がわかる寸前にこのような事態です。この衝撃の事実をSNSで拡散するのは波動的にも宜しいと感じます。もうこれ以上、正しい人たち、誠実な人たち、信義ある人たちが苦しい時代は早く終わらせなくてはなりません。話は違うようで種は似ていて、原発被害、医薬品等についても、真実と勇気ある人たちが迫害される時代を早く終わらせねばなりません。その上で、議論するのが民主主義なのではないか?と考える次第です。レイプ事件もアメフト問題も相撲問題も闇があぶりだされて変えていけるチャンスであるのに、被害者が脅迫されるという全く悲しい現実がなぜ起きるのか? ↓日本の警視庁、警察、特捜部、司法を信じて結果を待ちましょう。第一フェーズは闇あぶり出しでした。↓第二フェーズは変革の時代へ↓

良識ツイッター民の活躍とは?「日本のモラルが崩壊する」「税金無駄使用の総選挙に反対」

↓ここから先の続きの話は有料ブログでぜひご購読ください↓(下記申込み後に購読可能)