ハワイ・キラウエア火山の噴火は「世紀末の始まる合図」か!?

ハワイ・キラウエア火山の噴火は「世紀末の始まる合図」か!?

ハワイのキラウエア火山の噴火活動は「世紀末の始まりか!?」と世界中で騒がれ始めています。ロイター通信によると、火山から約19キロの地点で噴火による新たな地面の亀裂が確認されました。ハワイの火山観測所は「噴火活動は強まっており、約2週間~数カ月は続く」との見通しを示しました。キラウエア火山は世界最大級の活火山。5月3日に噴火し、イゲ州知事が非常事態を宣言。周辺で4日にマグニチュード(M)6・9の強い地震が起きていて有毒ガスも発生)今も溶岩の流失が止まりません。そして日本の青森県では、青森市の上空に7日、太陽を囲む円形の虹「日暈」と、一直線に延びる虹「環水平アーク」が同時に発生しました。青森地方気象台によると、二つの現象が一度に観測されるのは珍しいという。日暈と環水平アークは、太陽の光が上空に浮かぶ氷の結晶に当たって屈折したり反射したりして起きます。7日は午前11時頃に出現し、数時間にわたって二重現象が続きました。各地で地震の頻度がかなり増えています。ついに「世紀末の始まる合図なのか?」↓自然界は人間に何を教えてくれている?!ここから先は「有料ブログ」でお楽しみください。↓

「7人目の天使はラッパを吹きました」自然界の大規模的な噴火や地震はおきるだろう。

↓ここから先の続きの話は有料ブログでぜひご購読ください↓(下記申込み後に購読可能)